ドイツの食文化といえばジャガイモが多く使われておりソーセージを食べてビールを飲んだりするイメージがあります。

 

イメージでは和食の日本とは程遠い食の価値観がありそうですが、具体的に日本とドイツではどんな食文化の違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、ドイツと日本の食文化の違いについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ドイツと日本の食文化の違い!

食事に対する思い入れ

ドイツは食事に対する思い入れが低いと言われており、手間をかける日本より手間がかからないことをモットーにしています。

 

日本人は食事に対してとても貪欲です。

美味しいものを食べるためにグルメ雑誌やグルメサイトを読破もしますし、新しいお店や話題のお店探しにも余念がありません。

 

ハレの日に限らず普段の食事でも何品もの料理が食卓に並びます。

温かいものは温かい内に、冷たいものは冷たいまま食べるために料理を始める時間も逆算します。

対してドイツは食事に対する思い入れが低い国と言われています。

 

もちろん、ドイツ人にもグルメな人はいますし、特別な日には高級料理を食べたり手間ひまをかけた料理を作ったりもします。

 

しかし、普段の食事は「手間がかからない」をモットーにし、昼食は温かいものを食べますが、朝や夜は温めないで冷たいままの保存食を食べるのも当たり前です。

 

多くのドイツ人は普段の料理に時間をかけるより、夕飯を軽く済ませた後のリラックスタイムを大切にします。

もしくは、家をきれいにしたり、大切な道具などを磨いたりする時間に当てる人も多いようです。

食材の種類

ドイツは食材の数が日本より少ない影響か、同じメニューを食べる習慣を好んで食べています

 

日本では食への探究心のために毒があるフグだって、どうにか食べようとします。

四季折々の旬の食材をふんだんに使った趣向を凝らした料理を楽しみます。

 

しかし、元々緯度が高く気温が1年を通して低いドイツは栽培できる野菜や果物の種類も少ないので、食材の数が圧倒的に少ないです。

ドイツ 日本 食文化
(画像引用元:http://eurofligtlouge.sakura.ne.jp

 

料理に関しても付け合わせといえばジャガイモとシュークルートだけ、とも言える程ワンパターン。

お肉はそのほとんどが豚肉で、あまり他のお肉を使う事もありません。

 

日本人にしたら、手間を省くためとは言っても毎日同じものを食べていては飽きてしまいます。。

 

でも、ドイツの人に言わせれば毎日食べる料理が変わる方が目が回ってしまう気がして息苦しく感じるそうです。

 

ドイツの人たちは変化を好まず保守的で、諸外国はもちろん隣国のイタリア料理すら食べたことがないという人も意外と多いそうです。

スポンサーリンク

お酒

ドイツは日本に比べて酒を14歳で飲めるほど寛容です。

ドイツ 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://iwiz-lifemagazine.c.yimg.jp

 

日本では成人するまでアルコール飲料の摂取は禁止されています。

 

対してドイツではビールは16歳から飲むことができ、なんと保護者と一緒なら14歳からビールを飲んでもいいのです!

 

ただし、保守的なドイツの方が飲むアルコールといえばビールか白ワイン一辺倒。

それ以外のお酒を飲もうとする人は少ないのでお店でも扱っていないことも多いそうです。

ドイツと日本の食文化の違いは色々!

日本もドイツも技術大国として世界的にも有名な国ですが、その根幹ともいえる食文化の違いはかなりのものですね。

 

美味しいビールとソーセージを味わいながらドイツの食文化をもっと学びたいと思いました。

 

みなさんも、ドイツの食文化を理解して、ドイツの食に触れてみましょう!

 

せばな~