初夏になるとスーパーにらっきょうが並び始めます。

我が家は次男がらっきょう好きなので、この季節に1キロ買って漬け込みます。

 

泥付きらっきょうの方が安いので、こちらを買っていたのですが、今年はちょっと忙しい!

ちょっと割高ですが、泥付きらっきょうより、洗いらっきょうでもいいかしら?

 

美味しく食べたいので、泥付きらっきょうと洗いらっきょう、どっちが美味しく漬かるのか調べてみました。


スポンサーリンク

泥付きらっきょうと洗いらっきょうの味の違いは?調理の違いは?

泥付きらっきょうとは

泥付きらっきょう 洗いらっきょう
(画像引用元:http://image1.shopserve.jp

畑で収穫したままのらっきょうを、軽く土を落として茎と根を切った状態です。

 

食べるためには、らっきょうの掃除が必要で、沢山漬けたいときは、それだけ時間がかかります。

 

美味しい泥付きらっきょうとは

  • 固くてツヤがある
  • 大粒で根元に膨らみがある
  • 先端に向ってよく締まっている

と、なっています。

 

芽が伸びたものや緑っぽいものは育ちすぎなのでさける方がいいですね。

 

泥付きらっきょうには根もついています。

収穫しているのですがまだまだ育ちますので、買ったらその日のうちに漬け込みましょう。

洗いらっきょう

泥付きらっきょう 洗いらっきょう
(画像引用元:http://www.tamaseika.co.jp

畑から収穫したらっきょうを、茎と根を切り落とし、土と表面の皮を剥いています。

 

芽が出ないように塩水で処理されているので、さっと洗うだけで、すぐに漬けることができます。

忙しいけれど、自分で漬けたい人には便利ですね。

 

手間がかからなくていいのですが、水に浸かって実が柔らかくなっています。

袋から出したらその日のうちに漬けましょう。

スポンサーリンク

美味しいのはどっち?

洗いらっきょうは収穫後すぐに洗われているので、水を含んでおり、実が柔らかくなっています。

 

そのため、らっきょう独特のカリカリ感が欲しい人は泥付きらっきょうがおススメです。

 

カリカリ感にそれほどこだわらないなら、洗いらっきょうがお手軽です。

 

ただどちらも自分で漬けるとなると、やはりおいしいですよ!

泥付きらっきょうと洗いらっきょうの違いから好みに合わせて…

泥付きらっきょうと洗いらっきょうをお皿に出して、家族で食べ比べしてみました。

我が家の口にはどちらも合いました。

 

洗いらっきょうは一口で食べられるサイズでそれなりにカリカリ。

泥付きらっきょうは大きめでカリカリと噛み応えがあります。

 

お客様が来たら洗いらっきょうの方が見た目がいいですが、自宅で食べるなら泥付きらっきょうの方が食べた感があると思います。

 

皆さんも是非、好みに合わせてらっきょうを漬けましょう。

 

せばな~