食べられるお花って知っていますか?

料理の添え物ではなく、食べることが出来るお花のことです。

 

食べられる花と言えば菊しか知らないあなた、実は食べられるお花はたくさんあり、「エディブルフラワー」というのがあります。

 

ということで今回は、華やかで食べられる花のエディブルフラワーのレシピも紹介しますね。


スポンサーリンク

エディブルフラワーとは?食べれる花の種類やレシピは?

エディブルフラワーとは

エディブルフラワーとは「食べられる花」という意味で、お刺身についてくる小菊がすぐに浮かびますね。

 

解毒効果があるので、お刺身にピッタリです。

実はそれ以外にも沢山の食べられるお花があります。

エディブルフラワーの種類

エディブルフラワーとは
(画像引用元:https://farm3.staticflickr.com

桜餅に使われるのは桜の葉の塩漬けですが、塩漬けにした花びらも食べられます。

花びらの独特の香りは、二日酔いやうつを解消する効果があると言われています。

デンファレ

エディブルフラワー 種類
(画像引用元:https://be-agent.jp

花束にもよく使われるデンファレですが、南国系の料理に付け合わせとして出てくることもあります。

 

肉厚でサクサクとした食感で食べやすいです。

 

ビタミンが豊富で、若返りの効果があると言われています。

バラ

エディブルフラワー 種類
(画像引用元:http://bihadagirl.com

香り豊かなバラには、ほのかな甘みがあります。

 

食物繊維が豊富で、バナナの10倍の量があります。

スポンサーリンク

ホウセンカ

エディブルフラワー レシピ
(画像引用元:http://suniha-uniha.com

淡白な味わいですが、色が綺麗で見た目が華やかです。

 

ビタミンCが豊富で、イチゴの10倍の含有量があります。

エディブルフラワーのレシピ「お花ババロア」

エディブルフラワー レシピ
(画像引用元:http://www.hana-no-babaroa.com

【材料】

エディブルフラワー
ババロアの素 1袋
ゼラチン 6g
水    200cc
はちみつ 大さじ1
レモン汁 少々

 

【作り方】

①ゼラチン、水、はちみつ、レモン汁を鍋に入れてふやかします。
②型に液を半分入れて、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めます。
③洗ったエディブルフラワーをバランスよく散らして、残りのゼラチン液を入れて、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
④ババロアを作って、固まった型の中に入れてさらに2時間固めたら完成です。

 

型から外して、残ったエディブルフラワーやフルーツを飾ってもいいですね。

食用の花「エディブルフラワー」でおしゃれレシピを!

最近ではスーパーにもエディブルフラワーが置かれるようになってきました。

 

花屋さんで売られている花は観賞用なので、間違って食べないようにしてくださいね。

 

お試しに紅茶に花を浮かべてみましたが、香りも見た目もきれいで癒されます。

 

ジュースに入れる氷にエディブルフラワーが入っていると、綺麗かも。

なんだか女子力がアップした気がします。

 

みなさんもエディブルフラワーを活用してみませんか?

 

せばな~