ここ数年で不動の地位を築いた恵方巻き。

 

もう節分といえば恵方巻きなしには語れなくなってきましたが、お店で販売されている恵方巻きはモリモリと具沢山でカロリーも気になりますね。

 

そんなダイエット中でも美味しく恵方巻きをいただけるコツやレシピを調べてみましたのでご紹介します!


スポンサーリンク

ダイエットの味方のヘルシーな恵方巻き?カロリーを気にしないレシピ?

カロリーが低めな具を選ぶ

七福神にちなんで7種類の具材を巻くとも言われる恵方巻き。

恵方巻き ヘルシー
(画像引用元:http://angie-life.jp/diet/113060.html)

その中でもうなぎ、穴子、エビフライ、肉…確かにこれらが具に入っていたら美味しいのは確実なのですが、カロリーが高いのは困りもの。これを1人1本丸々食べるとなったら、軽く500kcalは超えてしまいます。

 

野菜や納豆、ささみやマグロの赤身ならカロリーも低いのでこういった具が多く入っている恵方巻きを選ぶとカロリーが抑えられますね。

手作りの恵方巻きならカロリーオフ

酢飯を作る時のすし酢にはかなりの量のお砂糖が入ります。

 

同様に卵焼きも太巻きに入っているものは甘いので、かなりのお砂糖が入っています。

 

酢飯はごくごく薄く敷くか、潔く酢飯は無しというのも意外といけますよ。

 

恵方巻きは切らずに1人1本食べるものなので、使う海苔を半切りにして作ればサイズは小さくても1本には変わりはなく、カロリーは半分近く減るという事になります。

 

具材もカロリーが低い物を選びつつ大好物のものは取り入れるなど、工夫ができます。

ダイエット中は手作りで恵方巻きを楽しむのが良さそうですね。

スポンサーリンク

食べ方にも気をつけましょう

いきなり恵方巻きをガブリ!ではなく、まずは汁物や野菜のおかずをお腹に入れましょう。

 

食物繊維の豊富なおかずを先にお腹に入れることで、血糖値の急上昇をおさえることができます。

 

特に温かい汁物は満腹感も感じさせてくれます。

お野菜をたくさん入れた豚汁などでも良いかもしれませんね。

 

恵方巻き1本ではちょっと物足りないと思う場合は、ぜひお野菜の和風おかずを取り入れましょう。

ダイエット中でも縁起物の恵方巻き!カロリーを気にせずヘルシーに

私は子供の頃海苔巻きが大好きで1本丸々食べてみたいと思っていました。

 

近年、恵方巻きが全国的に認知されたおかげで子供の頃の夢が1つ叶ってしまいました。

 

縁起物でもある恵方巻き、ダイエット中でも美味しく食べたいので、今年は自宅でサラダ風の恵方巻きを手作りしてみようと思います。

 

せばな~