先日、ちょっといいお店に伺った時に「エスカベーシュ」というお料理に出会いました。

 

「エスカベーシュ」は一見、マリネと変わらないような気がしますが、何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は、エスカベーシュとはどんなお料理なのか、マリネとの違いを調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

エスカベージュとは?マリネとの違いは?

エスカベーシュとは?

escabeche(エスカベーシュ・エスカベッシュ・エスカベシュ)とは素揚げした魚をお酢・オイル・香辛料などのソースに香味野菜と一緒に漬け込んだお料理です。

エスカベーシュ とは
(画像引用元:https://www.lecreuset.jp

主に前菜として供されます。

フレンチでは魚が一般的ですが、スペインでは鶏やウサギ、豚肉が使われる事もあるようです。

 

元々はスペイン・ポルトガルが起源のお料理で、ペルシャ語で「甘酸っぱいソース」という意味のアルシュクパス(al sikbaj)が語源とも言われています。

似たようなお料理「マリネ」との違いは?

marine(マリネ)はお肉、お魚などをお酢・オイル・ワイン・香辛料のソースに香味野菜と共に漬け込む調理法です。

エスカベーシュ マリネ 違い
(画像引用元:http://www.kikkoman.co.jp

 

「マリネ」は「漬け込む」という意味で、調理方法の一種です。

生のお肉やお魚に下味を付けるのもマリネ、調理したお肉やお魚を調味液に浸しておくのも、どちらも「マリネ」です。

エスカベーシュ マリネ 違い
(画像引用元:https://mi-journey.jp

 

つまり、エスカベーシュも揚げた魚をソースで「マリネ」するという調理法を使用しているという事です。

 

私たちが普段のお料理で作るような小アジ南蛮漬けや公魚のマリネも同じく「エスカベーシュ」という事です。

スポンサーリンク

カルパッチョとも違うの?

似たようなお料理として「カルパッチョ」を連想する人も多いと思います。

エスカベーシュ マリネ 違い
(画像引用元:https://www.aco-mom.com

が、カルパッチョは厳密に言うならソースを「かける」だけで、マリネのように「漬け込んで」はいません。

 

「マリネ」していないお料理なのでエスカベーシュやマリネとはちょっと違い、どちらかというとサラダに近いかもしれませんね。

エスカベージュはマリネの調理法から作られている!

マリネが調理法の1つ、エスカベーシュはマリネの一種、勉強になりました!

 

今度からは我が家でも「南蛮漬け」ではなくて「エスカベーシュ」と言ってみたらそれだけでお洒落なお料理になりそうですね。

 

みなさんも、「エスカベーシュ」と見慣れない言葉ですが、単なる南蛮漬けですので作ってみてください!

 

せばな~