体のためには青魚を食べなさい。特にEPAとDHAは身体にも頭にもいいよ、と言われます。

 

青魚にはEPAとDHAが豊富、とまとめて言われることが多いのですが、EPAとDHAってどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、EPAとDHAの違いについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

EPAとDHAの違いは?栄養効果の差は?

EPAとは

EPAとは、エイコサペンタエン酸のことで、オメガ3脂肪酸です。

 

青魚の血液サラサラ成分が、血の巡りをよくします。

epa dha 効果
(画像引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

生活習慣病が心配な方や憂鬱な気分になることが多い人にはぜひ積極的に摂ってほしい栄養です。

 

サンマやサバ、マグロやウナギなどに豊富に含まれます。

DHAとは

DHAとは、ドコサヘキサエン酸のことで、オメガ3脂肪酸です。

サンマやサバ、マグロやイワシなどに豊富に含まれています。

 

青魚のサラサラ成分が、考える力や覚える力をアップさせ、健康を維持するのに役立ちます。

epa dha 効果
(画像引用元:http://www.wakasanohimitsu.jp

受験生だけでなく勉強や仕事を頑張りたい方や、生活習慣病が心配な方まで、積極的に摂ってほしい栄養素です。

 

ちなみに1989年にイギリスの博士が「日本の子どもの知能指数が高いのは魚をよく食べるからではないか?」と発表したこともあります。

スポンサーリンク

EPAとDHAと共通点が多い?比べてみると…

EPAとDHA、どちらも青魚に豊富に含まれているので、マグロを食べればEPAとDHAどちらも摂れる。

その為に一緒に呼ばれることが多いのですね。

epa dha 効果
(画像引用元:https://shop.r10s.jp

 

実際に栄養効果も一緒なものがあり、EPAとDHAともに血液中のコレステロール値を下げたり、中性脂肪を減らす働きをします。

 

特に脳にとってはDHAは大切で、もし不足したとしても体中からDHAを集めて脳に届けます。

 

さらにはEPAからDHAに変換することもあるので、体の仕組みから見ると、DHAの方が重要視されているようです。

 

しかし血栓を防ぐ効果はEPAの方が強いです。

 

あえて言うなら

  • EPA:大人が積極的に摂りたい栄養素
  • DHA:子どもが積極的に取りたい栄養素

ですが、青魚を食べてどちらも摂取できるのなら嬉しいですよね。

EPAとDHAの違いを知って栄養を摂取!

EPAとDHAは体内では作ることができない、必須脂肪酸です。

サンマを1匹食べたらEPAもDHAも摂れる。まさに一石二鳥ですよね。

 

旬の青魚は安くて栄養満点。小学生のいる我が家でも積極的に食卓に乗せるようにしています。

 

子ども達の脳や体の発達のために、積極的に食べるようにしていきたいですね。

 

せばな~