オリーブのみを絞って作る、オリーブオイル。

サラダにかけたり、料理に使ったりと便利ですよね。

 

いろいろなオリーブオイルが並んでいますが、エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、今回は、エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの違い

エクストラバージンオリーブオイルとは

エクストラバージンオリーブオイルとは、オリーブの実を絞った油で最高級品です。

エクストラバージンオリーブオイル ピュアオリーブオイル
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

オリーブの実を絞っただけなので、実に含まれる香りや成分もたっぷり含まれています。

 

品質により呼び名が変わって

  • エクストラバージンオリーブオイル
  • バージンオリーブオイル
  • オリーブオイルランパンテ

と、ランクが下がっていきます。

 

つまりエクストラバージンオリーブオイルは、バージンオリーブオイルの最高級品なのです。

 

香りがよく、サラダにかけたり、パンに漬けたりと、オリーブオイルの香りや味わいをそのまま楽しみたい場合は、エクストラバージンオリーブオイルがおススメです。

 

揚げ物に使うとカラッと仕上がりますが、オイルの香りは飛んでしまいます。

加熱せずに食べる方が、風味も香りも楽しめます。

スポンサーリンク

ピュアオリーブオイルとは

ピュアオリーブオイルとは、オリーブの実を絞った油を精製してつくった油です。

エクストラバージンオリーブオイル ピュアオリーブオイル 違い
(画像引用元:http://sakube.co.jp

 

オリーブの実を絞っただけのバージンオリーブオイルを精製して、香りや味わいを調整したものがピュアオリーブオイルです。

 

オリーブの香りたっぷりのオイルや、香りがほとんどないものまで種類は様々。

ブレンドによって調整されています。

 

サラダ油感覚で揚げ物に使われることが多いですが、素材の味わいを楽しみたい時はピュアオリーブオイルをサラダに使うといいですよ。

 

オリーブオイルの香り少ないものを選べば、素材の香りを邪魔することなく、美味しくいただくことができます。

エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの違い作り方!

オリーブオイルの風味を楽しみたいのなら、エクストラバージンオリーブオイルを生食に使うのがおススメです。

 

しかしオイルの香りが苦手な方には、ピュアオリーブオイルがおススメです。

 

キッチンに小さい我が家ではエクストラバージンオリーブオイルだけ置いていますが、生食にも炒め物にも使っています。

 

ややお高いのが難点ですが、風味が良くて美味しいです。

 

ピュアオリーブオイルはメーカーによってブレンドが違うので、自分好みのオイルを探してみるのも楽しいですね。

 

せばな~