クリームたっぷりのソース、ハムなどのパテ、バターたっぷりのクロワッサン、フォアグラ…

 

フランス料理といえば高カロリー・高脂肪のイメージが強いのに、どうしてフランスの人はスマートなんでしょう?

その秘密がわかれば私も美味しいものを食べてもスマートになれるはず!!

 

ということで今回は、フランス人がフランス料理を毎日食べても太らない理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

フランス人はフランス料理を食べているのに太らない理由は?

食事に時間をかけて大切にする

忙しい現代、つい朝は用意をしながらトーストをかじってしまいませんか?

フランスの人はそんな事はしません。

 

フランス人にとって食事は「エネルギーの補給」ではなく「家族や友人などと大切な人との時間を楽しむもの」です。

 

ゆっくり時間をかけて、会話を楽しみながら食事をします。

フランス人 太らない
(画像引用元:https://www.madameriri.com

ゆっくり食べる事で満腹中枢が働き、少量でもお腹が満たされます。

 

フルコースを食べると1皿ずつは少量なのに、メインに辿り着く頃にはお腹がいっぱいなんて事もありますよね。

 

1日3食の食事をしっかり食べるので、間食をすることはほとんどないそうです。

 

また街中で「食べ歩き」などもしません。

カフェでコーヒーを飲むのは大好きですが、あくまでも食事は家の食卓やレストランでゆったりと食べるのです。

厳選された良い物を食べる

フランスでは、頻繁にマルシェが開かれて農家がとれたてのお野菜などを直売します。

 

個人経営のハムやチーズなどそれぞれの専門店で必要な物を必要なだけ購入します。

 

それらの食材はそれぞれのお店で厳選した良い品ばかり。

フランス人 太らない
(画像引用元:http://miyagi.itot.jp

アメリカ式の大型のスーパーマーケットや毎日が特売日のような叩き売りの小売店はあまりありません。

 

新鮮で季節に合った良い品を厳選して食べる事で、少量でも体が十分に満足するのです。

我慢はしない

フランスにはショコラティエやパティスリーもたくさんあります。

フランス人 太らない 理由
(画像引用元:http://image.space.rakuten.co.jp

フランス人はケーキやチョコレートなどのデザートも我慢せずに食べます。

 

ただし、スイーツビュッフェでドカ食いなんて事は絶対にしません。

 

チョコレートやケーキも、本当に美味しいものを会話とともにゆっくり少しだけ食べるのがフランス流です。

スポンサーリンク

お水をたくさん飲む

 

フランス人はミネラルウォーターやスパークリングウォーターを良く飲みます。

フランス人 太らない 理由
(画像引用元:http://blog-imgs-23-origin.fc2.com

日本で売られているペットボトルのお水には水道水が入っているなんていう噂もありますし、炭酸水はお水に二酸化炭素を充填したもの。

 

でもフランス人が飲むお水は、ヨーロッパの綺麗な山々から採水した正真正銘の天然水。

良いお水をたくさん飲むことで代謝が上がり、体内の浄化作用も高まるのです。

フラットシューズで良く歩く

フランス人は特別にジムなどに通ったりしません。

 

フランスの女性はビジネスシーンやパーティなどにはハイヒールを履くこともありますが、基本的にはフラットシューズで街中を歩きます。

フランス人 太らない 理由
(画像引用元:http://img.magazineworld.jp

フランスの住宅は古いアパルトマンが多く、5階建てでもエレベーターがないところが多いです。

 

街中には坂や階段も多く、普段は車を使うことはほとんどありません。

 

日常的に歩く機会が多く、階段なども颯爽と上り下りするからこそ、フランス人は太りにくいのかもしれませんね。

フランス人はフランス料理を食べているのに太らない理由は生活環境の違い?

食事を丁寧に、好きで良いものを食べ、その時間を大切にするフランス人の食事論、素敵ですね。

 

日本人はついつい忘れがちな大切な時間。

ついつい日常の忙しさから家庭での食事もファストフードになりかねません。

 

みなさんもフランスの人たちを真似て、家族との食事の時間を大切に過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

せばな~