2017年に突入して人気が加速している「ガトー・インビジブル」もう召し上がりましたか?

そもそも食べ物なの?という方もまだいると思います。

 

ガトー・インビジブルってどんなもので、お家でも作る事ができるのか?

 

今回はガトー・インビジブルについて、

ガトー・インビジブルとは?人気の理由は?

作り方・レシピは?

調べてみたいと思います!!


スポンサーリンク

ガトーインビジブルとは?作り方・アレンジレシピは?

ガトー・インビジブルとは?

ガトー・インビジブルは近年、パリで人気になっているお菓子の名前です。

ガトーインビジブルとは
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

「ガトー」はフランス語で「焼き菓子」、「インビジブル」は「見えない」という意味。

ガトー・インビジブルは果物(野菜)のスライスに生地を絡めて焼くお菓子です。

 

スライスした果物が焼くことによって生地と同化して見えなくなってしまうことから「インビジブル」なのです。

ガトー・インビジブルの人気の理由?

ガトー・インビジブルは、パッと見た感じでは、素朴なパウンドケーキのような茶色の焼き菓子。

ナイフを入れて切るとミルクレープのような断面が現れるのです!

 

食べてみれば果物を焼き締めた事によってギュッと果物の旨味が濃縮されてとっても美味しい!

 

更に、その大部分がスライスした果物なので他の焼き菓子に比べてもとってもヘルシー。

 

そんな事からパリっ子の指示を得て、今ではSNSで「萌え断スイーツ」として大人気です。

ガトー・インビジブルの作り方は?

ガトー・インビジブルの作り方はとても簡単!

ここでは基本のりんごのガトー・インビジブルの作り方をご紹介します。

 

①ボウルに卵2つを割り入れて、泡立て器でほぐします。

②砂糖50g・薄力粉80g・牛乳70cc・溶かしバター50gを順に加えてその都度泡立て器で混ぜます。

③薄くスライスしたりんご2個を入れて生地を絡めたら、紙を敷いたパウンドケーキの型に入れて170℃に余熱したオーブンで50分ほど焼きます。

④焼けたら型に入れたまま冷ましてから、更に冷蔵庫で3時間以上寝かして出来上がり。

 

作り置きができるのでパーティーやおもてなしにもぴったりですね。

スポンサーリンク

ガトー・インビジブルのアレンジレシピ

ガトーインビジブル レシピ
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

基本のりんごのガトー・インビジブルにナッツを乗せるだけでもアクセントになって美味しいです。

生地のお砂糖を減らしておいてはちみつをかけて頂くのもいいですね。

 

ガトーインビジブル レシピ
(画像引用元:https://production-orp.s3.amazonaws.com

りんご生地の間にブルーベリーやラズベリーなどの彩りの良いフルーツを挟んだり…

 

ガトーインビジブル レシピ
(画像引用元:https://production-orp.s3.amazonaws.com

生地を半分に分けて片方にココアパウダーを入れて2層にしたり…と断面を楽しむアレンジもたくさん!

りんご意外の果物でも作ることができますし、何種類か混ぜるのもアリ。

 

またお砂糖を減らして塩を入れることで、ガトー・インビジブルサレも作れます。


(画像引用元:https://production-orp.s3.amazonaws.com

じゃがいもやほうれん草、にんじん、ズッキーニなどメインにするお野菜はスライスできればなんでもOK。

 

アスパラガスやいんげんなどをそのまま敷き詰めて入れても断面がかわいくなります。

 

明太子・チーズ・ベーコンやハムなどでアクセントを追加するのもオススメです。

 

さつまいもやかぼちゃは甘い・しょっぱいどちらにも対応できるお役立ち野菜です。

ガトーインビジブル レシピ
(画像引用元:https://www.instagram.com

パウンド型以外に形を変えてもおしゃれです。

ガトーインビジブル作り方・アレンジレシピを覚えて作ろう!

これだけアレンジが多彩なガトー・インビジブル。

基本の作り方だけ覚えておけば、色々な場で重宝すること間違いなしですね。

 

今度の持ち寄りパーティーには私もガトー・インビジブル、作ってみます!!

 

せばな~