玄米はミネラル豊富で体にいい、と言いますね。

 

しかし独特の臭いや食感が苦手な人もいます。

玄米を食べすぎると体に負担がかかってよくない、という意見も聞きます。

 

お米のモトである玄米ですが、体にいいのでしょうか?悪いのでしょうか?

 

ということで今回は、本当に玄米は体にいいのか危険性がないか調査したいと思います。


スポンサーリンク

玄米は体に良くない?いいのか悪いのか危険性・デメリットは?

玄米とは

春に田んぼに植えた苗が実って実ができ、稲からもみ殻だけを取った状態のコメが玄米です。

玄米 体に良くない
(画像引用元:http://genmaipower.com

このままだと長期保存が可能です。

 

ぬかや胚芽などの多くの栄養素が詰まったままの状態です。

 

普段私達が食べている白米は、玄米からぬかや胚芽を取った状態です。

玄米のメリット

玄米には、食物繊維やカルシウム、鉄分などの栄養が豊富に含まれています。

 

食物繊維は腸内環境を良くして、便秘を解消する効果があります。

玄米 体に良くない
(画像引用元:https://www.benpikaisyo.net

便と一緒に体内の老廃物などの不要なモノも排出してくれるので、肌がきれいになったりもします。

 

腹持ちもよくなるので、ダイエットしたい人には向いていますね。

 

また、リポポリサッカライドという成分は、自己免疫力を高めてくれます。

 

自己免疫とはウイルスなどが体内に入ってきたときに戦う、自己防衛の力です。

自己免疫力が高いと、風邪などにかかりにくかったり、かかっても回復が早くなります。

スポンサーリンク

玄米のデメリット

玄米は栄養が豊富ですが、消化吸収がしにくい状態です。

 

玄米をしっかりと消化するためには、よく噛むことで、よく噛むと唾液が分泌されて消化吸収が良くなります。

 

早食いの人には向きませんが、よく噛むことで満腹中枢が刺激されます。

食べすぎを防ぐことができるので、しっかりと噛んで、玄米の甘み・旨味を楽しみましょう。

 

グロブリンというアレルギー物質が米の表面に多くあります。

 

白米なら精製されてなくなるのですが、玄米なら残っています。

玄米 体に良くない
(画像引用元:https://unlog-me-media-image.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

アレルギーがある人は、玄米を避ける方がいいですね。

 

また精製されない玄米には、残留農薬の可能性もあります。

玄米を食べたい人は、有機JASマークの表示のある玄米を選びましょう。

玄米は体に良くない?いいのか悪いのか紙一重?

食物繊維が多いので便秘を解消してくれる効果がありますが、消化しにくいのでお腹が緩くなる人もいます。

 

セルロースという固い殻で覆われている玄米は、しっかり噛むことで消化しやすくなります。

しかし噛まずに胃の中に入ると消化できません。

 

しっかりと浸水させて上手に炊けば美味しい玄米ですが、浸水が足りないと固い玄米になってしまいます。

 

同じ玄米でも、体に良いこともあれば悪いこともあります。

 

体のために玄米を食べたい、という方は有機栽培で農薬の心配の少ない玄米を選びましょう。

 

正しい炊き方で、よく噛んで食べれば問題ありません。

個人的には玄米は苦手ですが、たまに食べると「体にいいことしてる~」とちょっとうれしくなります。

 

しっかりと噛みしめて、玄米のもつ味わいを楽しみましょう。

 

せばな~