2018年7月3日放送の「この差って何」では、「茶色いごま油」も「白いごま油」の違いを紹介します。

 

そんな、ごま油で茶色と白色の違いは何なのでしょうか?

また、茶色と白色で料理の使い分け方は?

 

ということで今回は、ごま油について、

  • ごま油で茶色と白色の違いは?
  • 茶色と白色で料理の使い分け方は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ごま油で茶色・白色の違いは?使い分け方は?

ごま油で茶色・白色の違いは、圧搾する前にごまを高温で炒る(焙煎)具合から出ています。

ごま油 茶色 白色 違い
(画像引用元:http://table-trip.com

 

茶色のごま油は、油を絞る前にごまを高温で(焙煎)するので、独特の香りがたち油が茶色に色づきます。

 

対して、白色のごま油は焙煎しないため、そのままの透明なごま油となり、独特の香りがありません。

 

このように、高温で炒る(焙煎)具合で茶色・白色の違いが出て、香りの違いも出ているのです。

 

ちなみに、栄養価は茶色・白色で違いはありません。

ごま油で茶色・白色の使い分け方は?

白色のごま油の使い方は?

白色のごま油は、サラダ油のようにサラサラして、味にクセがないので他の食材の邪魔をしないので使いやすいのが特徴です。

ごま油 茶色 白色
(画像引用元:https://www.cotta.jp

 

料理にはサラダだったり、特にスイーツ作りにはおすすめです。

 

パウンドケーキやパンケーキ、クッキー等で、バターを白ごま油に変えて作ることができます。

 

他にもダイエット効果や、うがいに使えば喉の保湿や口臭予防、老化の抑制にも効果があると言われています。

スポンサーリンク

茶色のごま油の使い方は?

茶色もごま油は独特の香ばしい風味は、一般的によく中華料理・韓国料理に使いやすいです。

ごま油 茶色 白色 違い
(画像引用元:https://mainichigahakken.net

 

また、香ばしい香りが調味料の代わりとなり、味付けが薄めにできたりと減塩できます。

 

和え物だったり、キムチにかけてたり、アボガドとも相性が良いのでアボガトにかけて食べるのもおすすめとのことです。

ごま油で茶色・白色の違いは焙煎で香り!使い分けて美味しく活用!

ごま油の色の違いは焙煎で、茶色は香り強く、白色は香りがなくてクセがないのが特徴です。

 

そのため、茶色は中華や韓国料理、白色は何でも使えるが特にスイーツに使われているのようです。

 

みなさんも、ごま油の色によって使い分けて美味しく使いましょうね!

 

せばな~