ダイエットは女性にとっての永遠のテーマですよね。

 

最近話題のダイエットと言えば、グルテンフリーダイエット。

小麦粉を食べないダイエットですが、海外セレブの間で人気が出ています。

 

そんな気になるグルテンフリーダイエットのレシピや、健康への効果、また危険性について紹介します。


スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットとは?食べてもいい物やレシピは?やり方と効果を解説!

グルテンフリーとは?

グルテンフリーとはどのようなダイエットなのでしょうか?

グルテンがないダイエットのようですが、グルテンとは何でしょうか?

 

日常食べる食品がいろいろありますが、なかでも小麦粉は身近な食品ですね。


(画像引用元:https://pixabay.com/

小麦粉を使った食品は多くあります。

 

グルテンフリーダイエットとは、この小麦粉製品を食べないダイエット法なのです。

 

小麦粉に含まれる「グルテン」という成分はたんぱく質の一種です。

 

グルテンを摂ると、どんどん小麦粉製品を食べたくなる、という食欲増進作用があります。

 

ダイエットにとってはありがたくない作用ですね。

 

小麦粉にはその他に「アミロペクチンA」という成分もあります。

これは糖質で、太る原因となる血糖値をあげる効果があります。

 

グルテンフリーダイエットをすると、グルテンと一緒に、このアミロペクチンAもフリーになるので、ダイエット効果が上がります。

グルテンフリーダイエットのレシピ

ではグルテンを含む食品とは何でしょうか?

パスタやパン、カレー、餃子、揚げ物やお菓子類などに小麦粉が使われています。

 

逆に食べていい食品は、ごはんや豆腐、米粉やビーフンなどです。

 

今回は米粉カレーのレシピを紹介します。

グルテンフリーダイエットにおすすめの米粉カレーレシピ


(画像引用元:http://rdcooking.com/

 

【材料】
米粉   大さじ3
水    1200ml
コンソメ 2個
カレー粉 大さじ2
にんにく、しょうが ひとかけら
塩、こしょう、香辛料 お好みで
肉    200g
たまねぎ、にんじん、じゃがいも お好みで

 

【作り方】
①具を炒めたら、水とコンソメ、カレー粉やスパイスを入れ煮込みます。
②具が柔らかくなったら水で溶いた米粉を入れて、とろみをつけます。

スポンサーリンク

健康効果と危険性

急に小麦製品をなくすのは難しいので、徐々に減らすようにしましょう。

 

まず1日3食のうち連続して小麦粉製品を食べないように気をつけます。

慣れてきたら、小麦粉製品を食べるのを1日1食だけにします。

 

できれば朝か昼に食べると、日中の活動でカロリーを消費できますね。

 

それにも慣れたら、2日に1食、できれば朝か昼に小麦粉製品を食べましょう。

だんだんと効果が出てきて、体重も減ってきます。

 

グルテンフリーダイエットをしているからといって、他の食品を食べ過ぎてしまっては効果は得られません。

腹八分目を意識して、よく噛んで食べましょう。

 

甘いものが好きな人は、ついついケーキやクッキーを間食してしまいそうですが、そこにもグルテンは含まれています。

 

無理に小麦粉製品をカットするとストレスにもなりますので、適度にゆる~くダイエットする方が、長続きできます。

 

米粉を上手に使って、クッキーやケーキを作ってもいいですね。

グルテンフリーダイエットで食べてもいいレシピだけで美味しい!やり方を覚えて効果発揮!

とはいっても、おいしいな~と思う食品には小麦粉がよく使われています。

 

アレルギーの人用だと思っていたのですが、米粉を使ってお菓子を作ることもできますよね。

 

小学生の息子が、米粉カレーが人気メニューで美味しい!と言っていたので、試してみようかな。

 

米の消費量アップにも貢献できるかも。米粉カレーなら子どもの協力も得やすいですね。

 

せばな~