栄養価の高い食材を一度に食べられる、と日本で定着してきたグラノーラですが、同じような食材でミューズリーがあります。

 

いずれも欧米では朝食として一般的ですが、日本ではまだなじみのないミューズリー。

 

今回は、グラノーラとミューズリーの違いや健康効果について紹介します。


スポンサーリンク

グラノーラとミューズリーの栄養の違いや健康に良いのはどっち?

グラノーラとミューズリーの違い

ミューズリー グラノーラ 違い
(画像引用元:https://pixabay.com

グラノーラとミューズリーも、シリアルの一種です。

 

シリアルとは穀物を加工して、そのまま食べることが出来るようにしている食品です。

 

コーンフレークやオートミール、グラノーラやミューズリーもすべてシリアルの仲間です。

 

グラノーラとは、オーツ麦や雑穀、ドライフルーツやナッツなどに油や糖分を加えて、オーブンで焼いたものです。

サクサクした歯触りが特徴です。

 

ミューズリーとは、オーツ麦や雑穀、ドライフルーツやナッツなどを加えたものです。

 

グラノーラのように糖分を加えていないので、ミューズリー自体に甘みはありませんが、ドライフルーツの自然な甘さがあります。

 

このように「グラノーラは加熱している」「ミューズリーは加熱していない」と決定的な違いがあります。

スポンサーリンク

グラノーラとミューズリーの栄養

グラノーラとミューズリー、どちらも使っている食材はほとんど同じです。

 

ミューズリーは食材を混ぜ合わせただけで、味付けは行っていません。

 

グラノーラはオーブンで焼くときに、砂糖やはちみつ、油などを加えます。

 

そのためカロリー的には、グラノーラの方が高カロリーです。

 

ダイエットしたい場合には、ミューズリーの方が適していますね。

 

ただミューズリーは甘さを加えていないため、ドライフルーツの甘みだけです。

 

初めてシリアルを食べる人には食べにくいかもしれません。

 

グラノーラはサクサクとした歯触りで、適度な糖分があるため食べやすいです。

 

どちらも栄養的には優れた食品ですので、初めての人にはグラノーラをおススメします。

 

またグラノーラは加熱しているので、食材の酵素が破壊されています。

 

ビタミンなどの栄養素を丸ごと取りたい場合には、ミューズリーがおススメです。

ミューズリーとグラノーラの違い!食べやすさか栄養かどっち?

グラノーラを朝食に食べているのですが、糖分や油が加えられているので、ヘルシーではない、という意見も聞きます。

 

牛乳をかけるだけでいい手軽さで、我が家でもストックしているのですが、うーん悩みどころです。

 

一度ミューズリーを試してみて、その食感と味が気に入ればいいですね。

 

栄養も大切ですが、何より継続することが大切です。

 

どちらが口に合うか、少量パックから試してみましょう。

 

 

せばな~