セクハラ、パワハラ、マタハラにパパハラなど、現代は様々なハラスメントが問題になっていますね。

 

そして、今は食事に関するハラスメントも話題になりつつあるのを知っていますか?

 

ということで、食事中に起きると言われるグルメハラスメントについて、調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

グルメハラスメントってなに?

セクハラやパワハラなどと言われると何となくわかるけど、そもそも「ハラスメント」って何だか知っていますか?

 

ハラスメントとは英語の「harassment」で直訳すると「嫌がらせ」という意味です。

 

つまりセクハラは性に関する嫌がらせ、パワハラは職場などの上下関係に関する嫌がらせ、ということ。

「グルメハラスメント」は食事に関係する嫌がらせということになります。

 

現在はまだマタ(パタ)ハラほど認知度は高くありませんが、テレビやインターネットなどで話題になる事も増えてきています。

 

一体どんな行為がグルメハラスメントになるのか、具体例を見てみましょう。

グルメハラスメントで嫌がられるパターン

レストランなどでの強い香り

グルメハラスメント
(画像引用元:https://otokomaeken.com

街などで、数メートル先から香水や柔軟剤の香りがするような方、たまにいますよね。

 

そんな人がレストランに行くのはまさにグルメハラスメント!!

 

食事は味覚や視覚や聴覚、嗅覚といった五感を使って味わうもの。

そしてその大部分が嗅覚といっても過言ではありません。

 

香料の強い香りは嗅覚を麻痺させてしまうので、せっかくのお料理の味が台無しになってしまいます。

グルメ自慢

美味しいものが好きで、お店もたくさん知っていても、こだわり過ぎは災いの素!

グルメハラスメント
(画像引用元:https://cdn2.mynvwm.com

おすすめのお店に友人を連れて行っても、初めてならこれを食べるべき!とメニューまで決められてしまったり、あれやこれやとうんちくに力が入りすぎてしまったりするとグルメハラスメントと思われる事もあります。

 

日本人たるもの(?)ちょっと控えめに小出しにするくらいがちょうどいいですね。

先輩や男性から食事をご馳走される時の態度

グルメハラスメント
(画像引用元:http://i-concier.net

某テレビ番組で後輩タレントに食事をご馳走したのに、あまり美味しくなさそうに食べていて頭に来たと言った方がいました。

 

そう、せっかくのもてなしの気持ちを台無しにする食べ方はハラスメント以外の何物でもありません!!

 

食事の席でのマナーはもちろん、美味しい・楽しい雰囲気で食べる、感謝の気持ちを表すというのは招かれた者の大切な役割です。

 

レストランでの食事、居酒屋でのお酒、そしてホームパーティーなどでゲストとして参加する場合にはぜひ注意したいですね。

スポンサーリンク

お店側のハラスメント!

長蛇の列を成しているのにうんちくばかり聞かされてなかなか料理が出てこないお店。

客同士の会話が盛り上がっている最中に割って入って料理の説明を長々とする仲居さん。

焼肉の焼き方やお蕎麦の食べ方など、食べ方に終始指示を出してくるお店。

アレルギーの確認をしたいのに、原材料がわからないアルバイト店員。

 

こんなお店の人たちもグルメハラスメントとして上がる事が多いですね。

グルメハラスメントが起きないように思いやりが大切です

今まで気にしていなかった人も、もしかしたらグルメハラスメントの加害者になった事があるかもしれません。

 

どれもちょっとした気遣い1つで十分回避できることばかりです。

 

どんなハラスメントでもそうですが、周りにいる人に迷惑をかけない思いやりの気持ちがとても大切なんじゃないかと思いました。

 

せばな~