普段何気なく食べていると似ていてどう違うのかわからない食べ物ってありませんか?

 

私にとって「はんぺん」と「さつま揚げ」がその一つ。

そもそも全く別物なのか、はんぺんを揚げたものがさつま揚げなのか?

 

ということで今回は、「はんぺん」と「さつま揚げ」がどのように違うのか調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

はんぺんとさつま揚げの違いは?

はんぺん

原材料はスケトウダラが用いられることがほとんどです。

はんぺん さつま揚げ
(画像引用元:http://www.sapur.info

すり身にしたスケトウダラに山芋やデンプンを加えて茹でた(蒸した)もの。

ふんわりとした食感で色は白っぽい。

 

静岡県ではイワシやサバを材料にした灰色の「黒はんぺん」なども有名ですね。

はんぺん さつま揚げ 違い
(画像引用元:http://gigaplus.makeshop.jp

 

由来などは地方などによって様々で、はっきりとしたものはないそうです。

 

ただ、室町時代の書物には「半片(半平)」などと言った鱈を使ったお椀があったようです。

さつま揚げ

さつま揚げはイトヨリ、鯛、鱈、ホッケ、鯵などのすり身を地酒などで練り固めて、油であげたもの。

はんぺん さつま揚げ
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ごぼうや人参などを加えたものもあり、使われる魚の色によって色味も変わります。

 

しっかり練り固めたすり身を使うので、歯ごたえがしっかりしているのが特徴です。

 

江戸時代に琉球料理の「チキアギー」を元に、鹿児島県薩摩地方の人たちが作ったことから「さつま揚げ」と言われています。

 

「丸天」「角天」などと呼ばれたり、北海道などでは「天ぷら」、東北地方では「揚げかまぼこ」などとも言われているようです。

スポンサーリンク

同じネル物でかまぼこは?

はんぺんやさつま揚げと同じく、魚のすり身が原料の蒲鉾も似ている練り製品の一つですよね。

はんぺん さつま揚げ
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

かまぼこは白身魚のすり身に卵白と調味料を混ぜて練ったものを板に盛ったり巻き簀に巻いたりして蒸したり焼いたりしたものです、

 

さつま揚げ以上に食感がプリッとしているのが特徴です。

竹串に巻いて焼いたものは「竹輪蒲鉾」です。

はんぺんとさつま揚げの違いあり!練り物も色々!

一口に練り物といっても色々な種類があって、作り方が様々で面白いですね。

 

普段のお食事やおつまみに1品あると嬉しい練り物。

お魚の栄養をたっぷりいただくためにも、ぜひ積極的に取り入れたいと思います!

 

せばな~