twitterにInstagramにfacebook…

たくさんのSNSサービスの力で、近年は「写真映え」するお料理に人気が集まる傾向がありますね。

 

そんな中でも簡単で美味しくてかわいいと人気なのが「ハッセルバックポテト」。

 

ハッセルバックポテトとはどんな物で、どんな作り方なのか、気になりましたので調べてみたいと思います!


スポンサーリンク

ハッセルバックポテトとは?作り方は?

ハッセルバックポテトとは?

多分「ポテト」とつくからにはじゃがいものお料理なんだろうな?とは思いますよね。

ハッセルバックポテト レシピ
(画像引用元:https://lh3.googleusercontent.com

ハッセルバックポテトはスウェーデンのお料理で、その見た目からアコーディオンポテトとも呼ばれています。

 

一言で言うなら、薄くスライスしたじゃがいもをオーブンで焼いたベイクドポテトです。

 

ただし、単純にスライスするのではなく、底部分は切り残しの状態にしておきます。

こうする事で焼いている内に表面が広がってアコーディオンの見た目になります。

 

この広がった裂け目に、バターやチーズ、ハーブなどをかけてアレンジが自由自在!

 

肉料理・魚料理の付け合わせとしてはもちろん、そのまま食べても美味しいハッセルバックポテト。

ヨーロッパを中心に人気が広がり、最近では日本でもオシャレなカフェやダイニングなどで食べられるようになりました。

ハッセルバックポテトの作り方

じゃがいもを良く洗って、芽がある場合は取り除きます。

 

菊花かぶなどを作る要領で、菜箸や竹串でじゃがいもを挟みんで、包丁で切り込みを入れていきます。

ハッセルバックポテト レシピ
(画像引用元:https://cdn.saita-puls.com

 

切り口が綺麗に開くようにするために、ここで切り口部分を軽く洗います。

 

塩胡椒、ちょっと多めのオリーブオイルをかけて、200~220℃に余熱したオーブンで40~50分じっくりと焼けば出来上がりです。

スポンサーリンク

アレンジレシピは?

ハッセルバックポテトはアレンジが無限大に広がっています。


(画像引用元:https://d2hh21tgbix8lu.cloudfront.net

焼く前に切り口にチーズやハーブ、ベーコンなどを挟む。

 

焼きたての熱々ハッセルバックポテトにバターやチーズ、サワークリームを乗せる。

 

明太子マヨネーズやアボカドディップソースをかける。

 

ハーブやナッツ、パルメザンチーズなどを散らしたらとってもオシャレ!

 

耐熱容器に入れてホワイトソースとチーズをかけて焼けばポテトグラタン風に。

 

最近はオレンジに近いじゃがいもや紫色のじゃがいもなどもあるので、何種類か混ぜて焼いてもカラフルでオシャレ!

 

じゃがいも以外にも、さつまいも・かぶ・ズッキーニ・にんじんなどで作っても良いかもしれません。

ハッセルバックポテトとはオシャレでアレンジも豊富!作り方も簡単!

フライドポテトは美味しいけれど、油で揚げるのは大変だしカロリーも気になります。

 

ハッセルバックポテトならオーブンで焼くだけなので後片付けも簡単。

あれこれトッピングしなければカロリーも低めにできますね。

 

オシャレで美味しくて、とっても素敵なハッセルバックポテト。

我が家でも活躍頻度が高くなりそうな1品です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】訳あり北海道産じゃがいも男爵(10kg)
価格:2680円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)

 

せばな~