雛人形を飾ったら、やっぱりひな祭りパーティがしたくなりますよね。

 

そんな時お料理はどうしたらいいでしょうか?

 

出来れば手軽に作れて、子どもも喜んでくれる料理を作りたいです。

 

今回は簡単に作れるひな祭りお料理について紹介します。


スポンサーリンク

ひな祭りに食べる簡単料理メニューは?手軽なレシピで子供も喜ぶ

定番のお寿司

ひな祭りと言えばひなちらし寿司ですよね。

ひな祭りに食べる料理
(画像引用元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

昔ながらのちらし寿司は子どもにはちょっと地味なので、見た目も鮮やかなケーキ寿司を作ってみましょう。

 

【材料】
酢飯
キュウリ、コーン、ミニトマト、レタス、シーチキン、アボガドなど飾りたい具

 

【作り方】
①薄焼き卵を焼きます。
②ケーキ型やミニカップに酢飯と具を詰めます。
③酢飯、具、酢飯、具と層になるように重ねます。
※ミニカップならそのまま飾ってOK。
③ケーキ型ならひっくり返すので、底が上になります。
※ラップをしてから、ご飯を詰めるといいですね。
④ひっくり返した後、薄焼き卵をのせて、ケーキのように具を彩りよく飾りましょう。

 

出来上がって食べる時は、ケーキのように切り分けましょう。

手巻き寿司

お刺身が好きな子どもなら、自分で手巻き寿司を作りましょう。

ひな祭りに食べる料理
(画像引用元:http://www.attain-ms.co.jp

酢飯とネタ、海苔を用意するだけで、後は食べながら子どもが作ります。

 

厚焼き卵やキュウリ、カイワレ大根、大葉、などもいいですね。

 

生ものが苦手な場合は、シーチキンやとんかつを細長く切って巻いても美味しいですよ。

汁物

ひな祭りといえば、はまぐりのお吸い物です。

 

ですがこの時期、はまぐりはお高いのです。

 

こだわらないのなら、アサリで代用してもいいのではないでしょうか?

ひな祭りに食べる料理
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

手毬麩を入れても可愛いお吸い物になります。

スポンサーリンク

アサリと菜の花のパスタ

はまぐりの代わりにアサリを使いました。

ひな祭りに食べる料理
(画像引用元:https://snpd-tokyo-user-dish-img.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

菜の花で春を感じましょう。

 

【材料】
アサリ、エビ
菜の花
スライスニンニク

【作り方】
①菜の花の固い部分を切り落として、さっと湯がく。
②パスタも湯がく。
③スライスニンニクとオリーブオイルを温めて、アサリをいれる。
④口が開いたら、エビも入れる。
⑤菜の花を入れて香りをつけたら、パスタを入れて混ぜ合わせる。
⑥塩胡椒して出来上がり。

ひな祭りに食べる簡単料理メニュー!手軽で定番レシピでも一工夫で!

カップケーキは可愛いのですが、ひとつづつ作るのがちょっと手間です。

 

その点手巻き寿司はネタとご飯、海苔を用意するだけで、子ども達が食べながら作ってくれます。

 

酢飯を用意しなくても海苔にお酢パウダーがついている海苔があるようです。

 

これならいつものご飯でもお寿司になっちゃう。

 

マグロとイクラがあれば満足な我が家の子どもたちですが、好きなネタを好きなように食べられるのは子どもにとって非常に楽しいようです。

 

あまり気合を入れすぎずに、手軽に料理をしてみんなで楽しく食べたいですね。

 

せばな~