プールにビーチ、フェスやBBQ、夏のイベントはとにかく盛り上がるし楽しい!

 

と、そんな時にたくさん楽しみたいけど日焼けは気になるし、かといって日焼け止めのベタベタした感じや肌の通気性が一気に悪くなるような気がして嫌、とわがままを言いたいのも女ゴコロというものですね。

 

というこ今回は食品を用いた日焼け予防・対策食品や、そのレシピをご紹介します。


スポンサーリンク

日焼け予防になるレシピ・料理は?食べ方・食品で対策!

トマトなどの赤い食品

トマトに多く含まれるリコピンは植物を太陽の光から守るためにあります。

日焼け 料理
(画像引用元:http://gafpsp.org/?p=118)

植物を守るための成分は人間の体にももちろん効果的。

 

特に加熱して濃縮されているトマトペーストなどは、スプーン数杯で絶大な効果が得られるそうです。

 

このリコピンはスイカやグレープフルーツ、チリパウダーのような赤色の食品に含まれていますし、カロチンの一種なので緑黄色野菜をたっぷり取る事が美白につながると考えられます。

魚やアーモンド、ココナッツオイル

魚の中でも冷たい海域に生息する事が多い鮭やニシン、さば、イワシ、マスなどにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

日焼け 料理
(画像引用元:http://fitnessinlife.com/top-ten-healthy-food/)

 

同様にアーモンドやココナッツオイルにもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

 

このオメガ3脂肪酸は日光から肌を守る効果が期待されていますので、これらの食品を積極的に摂取すると日光からお肌を守ってもらえますね。

スポンサーリンク

おすすめのピリ辛ラタトゥイユで日焼け対策!

日焼け対策に効果的な食材をいくつかご紹介しましたが、それらの食材を使って簡単なお料理を作るとしたら、私のオススメは緑黄色野菜のピリ辛ラタトゥイユです。

 

日焼け 料理
(画像引用元:http://www.recipe-blog.jp/profile/172018/recipe/934939)

材料はにんじん、ピーマン、パプリカ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を1口大に切ります。

 

【作り方】

①オリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを弱火にかけて香りを出したところにお野菜を加えて炒めます。
②油が馴染んだらトマト缶を加えて20分以上煮詰めます。
③最後にチリペッパー、塩こしょうで味を調えれば完成です。

 

これを焼いた鮭などのお魚と一緒にいただいたり、オリーブオイルの代わりにココナッツオイルを使っても良いですね。

他にも日焼け対策・予防になる食材はいっぱい!料理して美味しく!

私も日焼け止めに含まれる成分が合わずにかぶれてしまうタイプの1人なので、今回調べた食材による日焼け対策は目からウロコでした。

 

日焼けの対策として取り入れたい栄養素はリコピン・βカロテン・ビタミンEなどの酸化防止作用のあるもの、オメガ3脂肪酸、飽和脂肪です。

 

今回ご紹介した以外にもいい食材がたくさんありますので、ぜひ普段の食事に取り入れつつ太陽の下、たくさんのイベントを思う存分楽しみたいと思いました。

 

 

せばな~