ケーキを作る時に欠かせない生クリーム。

いい生クリームを使うと手作りのケーキでも美味しく感じちゃうくらい、生クリームは大切です。

 

しかし、となりにはお安いホイップクリームが並んでいます。

商品によっては倍くらい金額が違う、生クリームとホイップクリームですがどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、生クリームとホイップクリームの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

生クリームとホイップクリームの違い?

生クリームとは

生クリームとは、動物性脂肪(乳脂肪)が原料で、乳脂肪分が18%以上のクリームのことです。

種類別にクリーム(乳成分を含む)と書かれています。

生クリーム ホイップクリーム 違い
(画像引用元:http://mikakukyokai.net

 

乳脂肪分が多いほど、お値段は高くなります。

乳脂肪が多いため、濃厚でコクのあるクリームで、お菓子作りには最適です。

 

乳化剤や安定剤などの添加物はなく、自然のままのクリームです。

 

泡立てた時に、ややクリーム色で、ピンと角が立つくらい泡立ちます。

 

冷蔵庫で保存しても10日くらいしか持ちません。

開封後は早めに使い切りましょう。

スポンサーリンク

ホイップクリームとは

ホイップクリームとは、植物性脂肪を主な原料としているクリームのことです。

名称に乳等を主要原料とする食品と書かれています。

生クリーム ホイップクリーム 違い
(画像引用元:https://www.atpress.ne.jp

 

生クリームよりややお安くなります。

 

植物性脂が原料のため、コクや旨味が少ないですが、さっぱりとしているので生クリームのこってりさが苦手な人には向いています。

 

泡立てた状態のホイップクリームも売っているので、こちらは絞るだけで簡単に使うことができます。

 

冷蔵庫で保存しても1月くらい持ちますが、開封後は早めに使い切りましょう。

生クリームとホイップクリームの違いは原料!

  • 生クリーム:動物性脂肪のみで作られている。
  • ホイップクリーム:植物性脂肪や動物性脂肪に添加物を加えて作られている。

と違いがあり、生クリームは高めですが、コクがあり濃厚な味わいがあります。

 

ホイップクリームは安くてさっぱりとしていますが、添加物があります。

 

ケーキを作る時は、生クリームをホイップして果物でデコレーションするととてもおいしくなります。

上手く使い分けて、美味しく楽しい食生活を送りたいですね。

 

せばな~