焼肉っていくつになっても美味しいですよね。子どもの時は苦手だったけど、大人になると美味しいと感じるのがホルモンです。

 

牛や豚の内臓がホルモンだと思っていたのですが、レバーやモツなどと呼ぶこともありますよね。

 

そんなホルモンもレバーもモツも、全て内臓なのでしょうか?

 

ということで今回は、ホルモンとレバーとモツの違いを紹介します。


スポンサーリンク

ホルモン・レバー・モツの違いは?

ホルモンとモツの違い

牛や豚、鶏の内臓のことを「モツ」と呼びます。

内臓もいろいろな部位がありますが、内臓を総称して呼ぶのが「モツ」です。

ホルモン モツ違い
(画像引用元:http://uds.gnst.jp

臓物(ぞうもつ)からモツと呼ばれるようになったようです。

モツ鍋やモツ煮が有名ですよね。

 

「ホルモン」も内臓のことを指しますが、一般的には牛や豚の「腸」を指すことが多いです。

 

昔は肺や腸、皮などは捨てる部分でした。

関西では捨てるもの=放るもん(ほるもん)=ホルモンと呼ばれるようになったと言われています。

 

厳密にいうと内臓の中でも指す部位が異なりますが、一般的に内臓のことを関東では「モツ」、関西では「ホルモン」と呼ぶことが多いです。

スポンサーリンク

レバーとの違いは?他の内臓は?

レバーとは肝臓のことです。

鉄分やビタミンが豊富で好んで食べる人もいれば、独特の風味が苦手な人もいます。

ホルモン モツ違い
(画像引用元:https://shop.r10s.jp

ホルモンやモツが内臓全般を指すのに対して、レバーは肝臓を指す言葉です。

それ以外にも

  • ハツ=心臓(「ハート」が訛ってハツになったようです)
  • ハラミ=横隔膜
  • ミノ=牛の第一の胃
  • ハチノス=牛の第二の胃
  • センマイ=牛の第三の胃
  • 赤セン=第四の胃
  • コテッチャン=小腸
  • テッチャン=シマ腸=大腸

など、部位別に呼び方があります。

ホルモン モツ違い
(画像引用元:http://xn--0tr555cxse3z5c.com

 

個別に焼いて食べたい場合はそれぞれの味わいを楽しむことができます。

 

個人的にハチノスやセンマイなど、これ食べるの?的な見た目はありますが、それぞれ独特の味わいがあります。

ホルモン・モツの違いはない?レバーは肝臓!

レバーは肝臓だけを指す言葉ですが、ホルモンとモツは内臓全般を指す言葉であまり違いはありません。

 

あえて言うなら

  • ホルモン…牛や豚の内臓、特に腸を指す。特に関西で使われる。
  • モツ…牛や豚、鶏の内臓全般を指す。特に関東で使われる。

の違いでしょうか。

 

これで今度の焼肉では、かっこよくメニューが読めますね!

 

せばな~