オリーブがピンチの時に名前を呼ぶと、ムキムキパワーのポパイが助けに来てくれる!!

 

主婦世代の方なら1度は見覚えがあるはず(30代以上限定?)。

 

さて!そのポパイが手にしているほうれん草、子供などからも嫌われる事も多いですが、本当にポパイのようにムキムキパワーになれるのでしょうか?

 

ということで今回は、ほうれん草の栄養効果について調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

ほうれん草の栄養が凄い!ブルーベリーより目に良いと効果が凄い!

ほうれん草に含まれる栄養素

皆さんご存知の通り、ほうれん草は緑黄色野菜の1つ。

ほうれん草 目にいい
(画像引用元:https://rassic.jp

βカロテンやビタミンCは他の緑黄色野菜同様、ほうれん草にも豊富に含まれています。

 

βカロテンは抗酸化作用が強くがんも予防する力があります。

 

他にもビタミンCは言わずと知れた美肌と免疫力を高める栄養素です。

 

また、ほうれん草には貧血予防にも効果的な鉄分が含まれている事も有名ですね。

 

その他にも取り過ぎた塩分を体外に排出してくれるカリウム・骨の形成に一役のマンガンを始め葉酸や亜鉛やマグネシウムと言ったミネラルも含まれています。

スポンサーリンク

実はブルーベリーよりも効率的?目にもいいほうれん草

近年、スマホやタブレットで気軽にインターネットや動画が楽しめるようになりました。

 

大人も子供も小さな画面を見つめる時間が長くなったことにより、近視・遠視はもちろん老眼・白内障など目の老化に伴う疾病や加齢黄斑変性も増えつつあるそうです。

 

これらの目のトラブルの主な原因は活性酸素とも言われています。

 

そして活性酸素といえば、抗酸化作用が高い栄養素を摂ると良いです!

 

ということでブルーベリーのアントシアニンが目にいいと言われていますが、ブルーベリーだけをたくさん食べるのは難しい。

 

しかも他の栄養素も取らなくては、健康な体を維持することは出来ません。

 

その点、ほうれん草はお食事で食べるので他の栄養素も一緒に取り入れる事ができます。

ほうれん草 目にいい
(画像引用元:http://www.pj-house.com

またほうれん草に多く含まれるルテインというポリフェノールは抗酸化作用が高く、目の網膜や水晶体などに働くという事が発見されています。

 

実際にほうれん草を良く食べる方が白内障などの目の病気にかかりにくかったという検証結果もあるようです。

ほうれん草の栄養効果は凄い!手頃に目にいい食材!

昼間は仕事で1日中PCとにらめっこ、通勤電車はタブレットで動画やゲームで遊んで、家に帰ったらテレビでドラマやバラエティ番組を見て、寝る前はスマホでライン…

 

私もそんな1人なので、目にいいという情報は本当に嬉しいです。

 

「ポパーイ!!」とほうれん草を食べて、オリーブのように自分の目を守ってもらいましょう。

 

せばな~