ほうれん草のお浸しと言えば昔からあるお惣菜ですが、似たような野菜に小松菜がありますね。

 

なんとなく似ているけど、ほうれん草と小松菜の違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、ほうれん草と小松菜の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ほうれん草と小松菜の違いと見分け方は?

ほうれん草とは

ほうれん草は小松菜と違って根元が赤く、葉は三角形でギザギザ、調理では湯がいた後水にさらすと違いがあります。

ほうれん草 小松菜 違い
(画像引用元:https://sanpomiti.com

 

ほうれん草とは、ヒユ科ホウレンソウ属の葉野菜です。

根元が赤く、三角のギザギザとした葉がついています。

 

江戸時代のはじめに中央アジアから伝わったと言われています。

 

鉄分が豊富で貧血予防に役立つほか、ビタミンAや葉酸、マグネシウムなどの栄養がたっぷり含まれています。

 

シュウ酸が含まれているため、湯がいた後は水にさらしてアクを抜きます。

 

土を落とすために根を切りますが、赤い根元が甘くて栄養が豊富です。

切り落としすぎないようにしましょう。

 

おひたしや胡麻和え、ソテーなどいろいろな方法で食べる事が出来ます。

スポンサーリンク

小松菜とは

小松菜はほうれん草と違って根元が緑色で葉は楕円形、調理は湯がくだけでOKです。

ほうれん草 小松菜 違い
(画像引用元:http://www.e-asagohan.com

 

小松菜とは、アブラナ科アブラナ属の葉野菜で日本原産の野菜です。

丸みを帯びた葉とシャッキっとした茎がついています。

 

江戸時代のはじめに東京都江戸川区小松川のあたりで栽培が始まったので、小松菜と呼ばれています。

 

カルシウムやビタミンC、ビタミンB群が豊富な栄養価の高い野菜です。おひたしや鍋物、炒め物などいろいろな方法で食べる事が出来ます。

 

アクがないので生でも食べることができ、スムージーにすると栄養をたっぷり摂りこむことができます。

チンゲン菜やからし菜の仲間です。

ほうれん草と小松菜の違いは調理と色々!見分け方は根本等で判断!

ほうれん草も小松菜も冬が旬です。

 

鍋にピッタリの野菜ですが、ほうれん草はあくがあるため湯がいた後水にさらしましょう。

小松菜は洗ってそのまま鍋に入れることができるので便利です。

 

我が家でも小松菜の茎のシャキッとした食感が好きなので、鍋の季節には小松菜の出番が増えます。

 

鉄分補給にはほうれん草、と思っていたのですが、実は小松菜のほうが鉄分が多く貧血予防に役立つようです。

 

スーパーの値段を見ながら、ほうれん草にしようかな?小松菜にしようかな?と選ぶのも楽しいですよ。

 

せばな~