あなたの家にはホーロー鍋がありますか?

熱がゆっくり伝わるホーロー鍋は煮込み料理を作るのに適しています。

 

しかしホーロー鍋が剥がれると、体に有害な成分が出る!という気になるニュースを聞きました。

 

本当に食べ物を作るホーロー鍋がはがれると危険なのでしょうか?

 

ということで今回は、ホーロー鍋が剥がれると危険なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

ホーロー鍋が剥がれると毒性があって危険?

ホーロー鍋とは

ホーロー鍋とはガラスのようですが、いったい何から作られているのでしょうか?

ホーロー鍋 剥がれ
(画像引用元:http://up.gc-img.net

鉄やニッケル、クロムなどの合金にシリカを主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けしたのがホーロー鍋です。

 

ガラス質は熱が伝わりにくいので、ゆっくりと加熱することができます。

 

果物の酸にも強いので、イチゴジャムやマーマレードなどを作る時にも、じっくりと素材を煮ることができます。

 

このガラス質が剥がれたり傷ついたりすると、焦げ付きやすくなったり、錆びたりしてきます。

ホーロー鍋が剥がれるとどうなる?

ホーロー鍋の加工が剥がれると有毒物質が出てくると言うニュースがありましたが、毒性はカドミウムが検出された外国製のホーロー鍋のことでした。

ホーロー鍋 剥がれ
(画像引用元:https://www.lecreuset.co.jp

そして、現在は鉛やカドミウムを使用していないホーロー鍋が増えています。

 

さらに、食品衛生法に基づく登録検査機関である、財団法人日本文化用品安全試験所が検査をしているホーロー鍋なら、一定の基準をクリアしているので安全と言えるでしょう。

 

また、この有害の事件を以後は、国内外ともメーカーが安全対策や安全基準を設けて安全なホーロー鍋を作っています。

 

それでも長期間使用してくると、加工が剥がれたり、傷ついたりすることもあります。

不安があるのなら、はがれたホーロー鍋は使わないようにするといいですね。

スポンサーリンク

ホーロー鍋で剥がれない対策は?

以下に表面に負担をかける、してはいけないことを紹介します。

  • 急激な温度変化を加える
  • 空焚きする
  • たわしなど固いものでゴシゴシ洗う
  • 金属のへらなどで、鍋の中をかき混ぜる
  • クレンザーや漂白剤で中を擦る
  • 焦げ付かせる
  • 落とさない

 

料理をしてすぐに水につけると、急激な温度変化でガラス質が割れることがあります。

 

固いもので内部をかき混ぜると、表面に小さな傷がついて、ガラス質に負担がかかります。

 

洗う時は鍋の温度が下がってから水で洗う。

かき混ぜる時は、木べらやラバー製のへらを使いましょう。

 

汚れがこびりついて取れにくい時は、水を入れてしばらく放置します。

汚れが自然と浮き上がってくるのを待ちましょう。

 

なかなか綺麗にならない時は、重曹と水を入れて沸騰させます。

お湯が冷めたら、スポンジを使って汚れを落とすと綺麗になります。

ホーロー鍋が剥がれる毒性は無し!正しく使えば便利!

じっくりと煮込み料理を作る時には重宝するホーロー鍋。

ホーロー鍋に限らず、フライパンでも表面加工が剥がれたら買い替え時です。

 

大切な加工を長持ちさせて、美味しい料理で健康に生活したいですね。

 

せばな~