夏になると食べたくなるアイス!

 

しかし、冷蔵庫以外で置いてあると、すぐに溶け出してあら大変!

アイスが溶けるのが先か、食べるのが先か時間との勝負となりますよね。

 

今回は、アイスを冷蔵庫以外で「溶けない!」「溶かさない!」「溶けにくく!」する方法を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

アイスを溶かさない!溶かさない・溶けにくくする方法は?

アイス 溶けにくく

そもそもアイスが溶ける理由はアイスより高い温度に当たることで溶けてしまいます。

 

またアイスには冷たい空気の層があり、扇風機等の風にさらされると、冷気の層が剥がれて直接暖かい空気に触れて早く溶けます。

 

だから扇風機の前で涼しげに食べるときはアイスが通常より早く溶けてしまうので注意が必要です。

アイスが溶けないようにする保存方法は?

保冷剤、保冷袋を使う

一番カンタンな方法は、保冷袋、保冷剤を使うことです。

保冷剤ならアイスより温度が低いですし、保冷袋を使うことで外気の温度に晒されずに溶けにくくなります。

氷に塩で冷たさアップ?

先ほど言ったとおり、アイスより高い温度に当たると溶けてしまうので、普通の氷で冷やそうとしても、アイスより温度が高い場合は逆効果になります。

 

そのため、ビニール袋に氷を入れて食塩をふりかけて混ぜると、かなり冷たくなります。

これでしたら、アイスより温度が低いので、アイスと詰めれば溶けにくくなります。

スポンサーリンク

新聞紙に巻く

先人たちの知恵で、新聞紙に包むだけでも保冷力があります。

昔から使われている方法で、見た目は悪くなりますが、クーラーボックスと組み合わせることで更に保冷力アップ!

 

安価ですし、使い捨てにはピッタリかと思います。

真空にする

暖かい空気に触れると溶けてしまうので、真空にすることで溶けにくくなります。

 

魔法瓶のように真空の中にい入れてしまえば熱を遮断できて良いと思います。

アイスを溶けにくく・溶けない方法!アイスを長期保冷!

安易に氷だけだと、アイスより温度が高くて逆効果になる場合もあるようですね。

 

夏といえば、扇風機に当たってアイスを食べるのが定番ですが、これがアイスを溶けやすくする原因とは知りませんでした…

逆にアイスが固くて食べれない時は扇風機を有効活用すれば良いですね!

 

みなさんも、保冷剤がないと困ったときは新聞紙等でしのいだりして、溶けてないアイスを食べましょう!

 

せばな~