インド料理にはナン。

インドカレーとナンって合いますよね~我が家の子どもはナンだけでもパクパク食べちゃいます。

 

ところが、インド料理屋さんのインド人と会話していたら、インドではナンは主食ではないそうです。

 

インド料理=ナンですが、実はインド人はナンを食べないとのことですが主食はどうなっているのでしょうか?

 

ということ今回は、インド人がナンを食べない理由と、主食はナンなのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

インド人がナンを食べない理由?主食はチャパティでナンとの違いは?

インド人はナンを食べない理由は?

インド料理と言えば、タンドールと呼ばれる大きな釜で焼いたタンドールチキンやナンが有名ですよね。

ナン インド人 食べない
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

お店には必ずと言っていいほどあるタンドール釜。

ここで焼かれる料理はとっても美味しいです。

 

インドでもお店で食べる時はナンがありますが、実は家庭ではナンはほとんど食べられていません。

 

その理由は以下の2つ、

  1. タンドール釜が家の中にない。
  2. 精製した小麦粉はぜいたく品。

 

ナンはもともと北インド、パンジャーブ地方で食べられていた宮廷料理で、家庭で普段食べる様な料理ではないのです。

 

家庭ではナンを焼くタンドール釜がないことと、精製小麦粉が手に入りにくいことから、インドではナンは主食ではないのです。

 

またナンは精製小麦粉を発酵させるので、その手間も費用もかかるのです。

スポンサーリンク

主食は安価で作りやすいチャパティ?

インド人の主食は全粒粉の小麦粉で作る、発酵させていないパン「チャパティ」を食べます。

ナン インド人 食べない
(画像引用元:http://majin.myhome.cx

小麦粉と水だけをこねて、フライパンで焼くことができるので、安く手軽に作ることができます

 

フライパンに合せて丸く焼いていることが多く、発酵させていないのでやや固いパンです。

 

ちょっと焦げたクレープのような見た目ですね。

食べ方はナンと同じようにカレーをつけて食べます。

 

日本ではインド料理=ナンのイメージですが、チャパティはあまりメニューにありませんよね。

 

お店にはタンドール釜があるので、ナン焼くことができますし、柔らかいナンの方が日本人に好まれるようです。

 

またフライパンでチャパティを焼くと、その間コンロを占領して他の料理が作れないので、お店側もメニューに載せていないようです。

インド人がナンを食べないで主食は安く作りやすいチャパティ!

小麦粉と水だけで作られるチャパティは、ナンと比べてずっと安くあっさりした味なので、インド人のほとんどが食べています。

 

ちなみにナンやチャパティを主食にしているのは北インドの人達で、南インドの人達は米を主食にしているそうです。

インドも広いですね。

 

シンプルな味のチャパティはどんなカレーにも合うそうです。

そう聞いたらぜひ食べてみたいですね!

 

せばな~