キャベジンという胃腸薬の名前の由来を知っていますか?

 

キャベツに豊富に含まれている「キャベジン」という栄養素の名前、そのものだったんです!

 

胃腸薬にも使われるキャベツは胃にも優しいはず!

 

食べ過ぎ・飲み過ぎ・疲れている時に、胃に優しいキャベツを使ったお料理を調べてみました。


スポンサーリンク

胃に優しいキャベツ使った料理レシピ

ロールキャベツ


(画像引用元:http://www.sbfoods.co.jp

じっくり、とろとろに煮込まれたキャベツが優しいロールキャベツ。

 

味付けもコンソメやミネストローネ風のトマト味、クリーム煮などでアレンジができるのでその日の気分で変えられますね。

 

煮込むために使ったスープも頂くと煮汁に溶け込んだキャベジンまで効果的にいただくことができます。

キャベツのスープ

キャベツ料理レシピ
(画像引用元:https://image.excite.co.jp

大きめにカットしたままのキャベツを焼き網で焼いて焼き目をつけます。

 

コンソメスープで少し煮込んで出来上がりというとっても簡単なのにおしゃれなスープ。

胃の調子が悪くても、見た目もいい物が食べたいオシャレさんにオススメです。

 

疲れている時はザクザクと切ったキャベツを少しゆっくり煮て柔らかくしてしまえば食べやすいスープになります。

 

ベーコンやウィンナーを入れて、パンを添えれば朝ごはんやブランチが完結!

 

ご飯を入れて雑炊にすれば更にヘルシーなお食事に。

玉ねぎ、トマトなどのお野菜を追加してもいいですね。

キャベツメンチ

キャベツ料理レシピ
(画像引用元:http://www.bob-an.com

胃の調子が悪ければ揚げ物は控えるのが1番ですが、どうしても食べたい時や家族のリクエストもありますよね。

 

そんな時は玉ねぎと一緒にキャベツをたっぷり入れたキャベツメンチカツがオススメです。

 

お肉が少なく済むのでヘルシーになりますし、キャベジンが胃を守ってくれるので揚げ物なのにもたれにくい!

 

お弁当にもいいのでたくさん作っておいても助かります。

スポンサーリンク

キャベツとなめたけの和え物

キャベツ料理レシピ
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

ざく切りにしたキャベツを耐熱のボウルが器に入れて、なめたけをお好みで乗せます。

 

ふんわりとラップをして電子レンジでキャベツがしんなりする程度まで加熱します。

 

キャベジンが胃を整えてくれるのと同時にえのきのビタミンB1が疲労回復を促してくれるパワフルメニューです。

 

迎え酒のお供にもピッタリ?!

茹でたパスタを和えて食べても美味しいですよ!

胃に優しいキャベツつかった料理レシピで労りましょう

胃腸薬をサッと飲んでしまうのはとっても簡単ですが、できれば自然な方法で治したいです。

 

そんな時キャベツは力強い味方!

 

今回ご紹介したお料理は普段のお料理にも使えるので、まずは適宜取り入れて胃腸が悪くならない食生活をしたいと思います!

 

せばな~