屋台で回転焼きを売っていたので友達へのお土産に買っていったら、「今川焼きありがとう」と言われました。

 

回転焼きって書いてたけど、今川焼きでもよいのでしょうか?

また、似たようなものに「大判焼き」もありますね。

 

そんな、今川焼き、大判焼き、回転焼きってどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、今川焼き、大判焼き、回転焼きの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

今川焼き、大判焼き、回転焼きの違いは?

実は、今川焼き、大判焼き、回転焼き、などなどいろいろな呼び方がありますが、実はこの3つ、同じものです。

地域によって同じ和菓子でも呼び方が違うだけなのです。

大判焼きとは

大判焼きとは、小麦粉と卵、砂糖などを水で溶いて、型に流しいれて中に餡などを詰めた和菓子です。

今川焼き 大判焼き 回転焼き 違い
(画像引用元:https://lowch.com

 

円筒形の太鼓のような焼き型に生地を入れて焼いた和菓子です。

 

粒あん、こしあんだけでなく、白あんやカスタードクリーム、チョコレートクリームなど、種類がいろいろとあります。

 

店頭で焼かれているだけでなく、冷凍食品として日本中で愛されている和菓子です。

店頭で焼いている姿は、ついつい見入ってしまいますよね。

スポンサーリンク

今川焼きと回転焼きの呼び方の違いは?

全国的に有名な大判焼きですが、地域によって以下のように呼び方が違います。

  • 今川焼き:主に関東地方で呼ばれている
  • 回転焼き:主に関西地方や九州地方で呼ばれている

 

江戸時代に東京都千代田区の神田今川端の近くにあった店が作り始めたので、今川焼きと呼ぶ説があります。

 

回転焼きはその名の通り、型を回転させるので、焼き型などがちょっと違います。

でも焼きあがった形は今川焼きや大判焼きとほとんど変わりません。

 

これ以外にも、「黄金焼き」や「満月焼き」とも呼ばれています。

今川焼き 大判焼き 回転焼き 違い
(画像引用元:https://www.esthepure.com

お店の名前をとって、「御座候(ござそうろう)」や「あじまん」、「日切焼」などとも呼ばれています。

今川焼き、大判焼き、回転焼きの違いなしでどれも同じ和菓子

今川焼きも大判焼き、回転焼きも同じ和菓子です。

 

日本人の味覚に合ったのか、全国各地にこの形の和菓子があり、呼び名が様々あります。

 

広島に行ったときには、「二重焼き」と書いた店があったなあ。

餡やカスタードクリームがあって美味しかったですね。

旅行した時に探してみるのも楽しそうです。

 

せばな~