これからの時期、野生生物の肉が絵も言わぬ美味しさになってきますよね。

 

ひょんな事からいただいたぼたん肉、お家で食べようと思ったら臭くて臭くて…そんな経験はありませんか?

 

ということで今回はぼたん肉を美味しくいただくコツを調べてみました。


スポンサーリンク

臭い?ぼたん鍋を美味しく食べる!イノシシ肉の臭み消しの方法は?

血抜きをきちんとする

ご自分で獲ってきて…という方はなかなか少ないとは思いますが、やっぱりこれが一番大切。

 

お肉屋さんやスーパーマーケットで販売されているお肉もきちんと血抜きの工程を経ているから臭みが少なく食べやすくなるのです。

 

獲ってすぐの血抜きは必須です。

脂をしっかりとる

お肉の臭みが一番強いのは脂の部分だそうです。

 

調理の前に脂の部分はしっかり取り除き、下ゆでしている間に浮いた脂もしっかり取ります。

 

角煮の要領で、下ゆでしたら一度そのまま冷まして浮いた脂をしっかり取ると取りやすいかもしれませんね。

蓋をしないで煮る

食材の臭みやアクは、湯気とともに飛んでいきます。

 

ですから下ゆでする時も煮込む時も蓋をせずに煮ると湯気と一緒に臭みが飛んでくれます。

 

逆に茹でている時の臭いが苦手な方は茹でている時は台所から出ている方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

味付けで臭みを隠す

一般的にお店でぼたん鍋を出しているところはそのほとんどが味噌味になっています。

ぼたん鍋 臭い
(画像引用元:https://www.securite.jp/fund/detail/818)

これはぼたん特有臭いを隠す効果があるからだそうです。

 

ご自宅でぼたん鍋をするときも味噌味と隠し味程度に生姜を加えると、お肉の臭みが感じにくくなるかもしれません。

 

最後はすきやきの要領で、生卵につけてから食べてみてください。

 

卵もお肉の臭みを隠してくれますので、ぼたん鍋の臭いが気になるときには最適です。

ヘルシーで栄養豊富なぼたん鍋!臭いイノシシ肉の臭いを消す!

ぼたん肉は猪の肉ですが、猪の肉は豚に比べてもカロリーが低くコラーゲンが豊富です。

血液をサラサラにする不飽和脂肪酸やビタミンB群も豊富です。

 

低カロリーで健康にもいいとなったら美容と健康に気をつかう女性にもピッタリなんだと思いました。

 

私も今年はたくさん取り入れたいと思いました。

 

せばな~