家族同然に暮らしているワンちゃん。私達が美味しいと感じるものは一緒に食べたいですよね。

 

しかし人は食べられても犬が食べられない食べ物があります。

 

どうして食べられないのか、万が一食べた場合どうなるのでしょうか?

 

ということで今回は、犬が食べられない食べ物とその理由を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

犬が食べられないものは?食べれない食べ物の理由は?

死ぬ可能性もある、食べてはいけない食べ物

玉ねぎ、にら、らっきょう

「アリルプロピルジスルファイド」が赤血球を壊します。

エキスもよくないので、玉ねぎと一緒に料理したものもやめましょう。

チョコレート

カカオの成分が中枢神経系を乱し心臓に悪影響を及ぼします。

心不全などの病気を引き起こします。

ブドウ、レーズン

急性腎不全を起こす可能性があります。

イチジク

「ソラレン」「フィシン」という毒性物質が皮や葉にあります。嘔吐や口の中が炎症を起こします。

アルコール

アルコールを分解できません。

急性アルコール中毒症状を引き起こして死亡する危険性が高いです。

 

アルコールを含んだお菓子もあげてはいけません。

食べすぎると危険な食べ物

人間用のハムやソーセージ

食品添加物や脂肪が多いので、肥満になります。

人間用の乳製品

乳糖を分解できないので、下痢を起こします。

あげたいなら犬用の牛乳にしましょう。

イカ、タコ、カニ、エビなどの貝類

消化が悪く、下痢や嘔吐します。

スポンサーリンク

食べない方がいいもの

生の豚肉

豚肉は寄生虫などがいる場合があるので、生は避けましょう。

味噌汁

塩分が多いです。

玉ねぎなどのネギ類も危険です。

 

エキスもダメなのであげないようにしましょう。

お茶、コーヒー、紅茶など

カフェインは呼吸困難や痙攣を引き起こします。

犬が食べられないものは色々?犬用の食べ物を与えよう

私達にはなんともない食材でも、犬にとってはよくない成分が多くあります。

これ以外にもあげない方がいい食材はたくさんあります。

 

私達が食べて美味しいと感じるものには、犬にとって脂肪や油分、糖分などが多すぎます。

 

ついつい一緒に食べたくなりますが、犬の健康を考えるのなら犬用の食材、食品をあげるようにしましょう。

 

家族の一員であるワンちゃんの健康は私達がしっかりと管理してあげましょう。

人は人用、犬は犬用、それぞれ健康で長く暮らしたいですね。

 

せばな~