なぜ、人はぽっこりお腹になるのか、ぽっこりお腹は治らないのか、ぽっこりお腹にならない方法はないのか?

そんな悩みを持たない人はいないのではないでしょうか。

 

そんなぽっこりお腹も「犬猫ストレッチ」で解消ができるといいます。

そして、この「犬猫ストレッチ」の方法はどうなっているのでしょうか?

 

そんな、悩ませるぽっこりお腹解消に役立つ「犬猫ストレッチ」の方法や効果を調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

犬猫ストレッチの方法・効果は?ぽっこりお腹になる理由は?

ぽっこりお腹になる理由

ぽっこりお腹の原因の多くは加齢や生活習慣によって骨盤が歪むこととウエストを支える腹横筋が緩んだ結果です。

犬猫ストレッチ 効果
(画像引用元:https://dietplus.jp

 

私たちは本来四つ足で歩行していた哺乳類で、進化の過程で二足歩行を手に入れましたが、背骨にはとても負荷がかかる状態です。

 

その背骨の土台となっている骨盤は、一番負荷がかかります。

 

また内臓の重さは直に骨盤にのしかかり、これらの負荷によって骨盤は本来あるべき位置からだんだん歪んでしまいます。

犬猫ストレッチ 効果
(画像引用元:https://en-shin.jp

 

服を着ていても後ろ姿で大体の年齢がわかってしまう、なんていうのも骨盤の歪みによるものです。

 

骨盤が歪むことによってお腹の筋肉も常に緩んだ状態になります。

 

そのため、お腹周りに脂肪がつきやすくなって、ぽっこりお腹になってしまうのです。

 

特に女性は出産や月経の度に骨盤を緩くするホルモンが働きますので、対策をしっかりしていないとぽっこりお腹はみるみる内に成長してしまいます。

ぽっこりお腹解消に犬猫ストレッチ

効果的にぽっこりお腹が解消できるのが「犬猫ストレッチ」で、ヨガの「犬のポーズ」「猫のポーズ」を応用したストレッチに、ドローインという呼吸法を組み合わせます。

 

骨盤の歪みと腹横筋の緩み、どちらにもアプローチできるのでぽっこりお腹が効率的に解消されます。

 

さらに、骨盤も腹横筋も腰痛の原因としてもとても重要であり、犬猫ストレッチを行うと腰痛の解消にも効果があるそうです。

スポンサーリンク

犬猫ストレッチの方法は?

犬猫ストレッチで重要なのがドローインという呼吸法です。

 

【ドローイン呼吸方法】

  1. お腹を凹めながら息を吸い込み、更に凹めながら息を吐き出します。
  2. 両脇からおへそ~みぞおちを内側にしまい込むようなイメージでお腹を凹めます。
  3. 息を吐き出すことに意識を集中して、深く、最後の一息まで吐き出します。

 

犬のポーズは膝と手で四つん這いになり、少し腰を丸めます。

犬猫ストレッチ 効果
(画像引用元:http://dokodemofit.com

 

猫のポーズでは膝と手で四つん這いになった状態から肘をつけ、お尻を後ろに突き出して背中を伸ばします。

犬猫ストレッチ 効果
(画像引用元:https://dietplus.jp

 

犬のポーズでドローインを10回ほど、猫のポーズは呼吸と体を楽にリラックス、これで1セットです。

 

3~5セット行うことでお腹と背中、腰回りの筋肉がすっきりした感じがするでしょう。

ドローインが辛い場合は慣れるまで回数を減らしてもいいですね。

 

筋肉が温まっている時の方が効果がアップするそうなので、お風呂上がりがおススメです。

犬猫ストレッチの方法は手軽!ぽっこりお腹に効果的!

過酷な筋トレや運動は嫌ですが、ストレッチなら気持ちよく行えるのでいいねすね。

 

誰しもが悩むぽっこりお腹も、悩む人がいなくなってしまうかも?

 

みなさんも、試しに犬猫ストレッチをやってみてください。

 

せばな~