雨が降り続く梅雨の時期でも、雨に打たれるアジサイの姿は綺麗ですよね。

季節を大切にする和食では、旬の植物を色どりに使うことがあります。

 

そんなアジサイの葉には、毒成分があると言われています。

 

毒成分を持つアジサイの葉に料理を盛ってもいいのでしょうか?

 

ということで今回は、アジサイの葉の毒成分について調べてみました


スポンサーリンク

アジサイの葉は毒で危険?葉っぱは食べれる?

アジサイの葉を食べて中毒?

2008年6月、茨城県つくば市で食中毒の報告がありました。

 

飲食店で出された料理に添えられていたアジサイの葉を食べた人が、吐き気やめまいなどの症状を訴えたのです。

アジサイ 葉 毒
(画像引用元:http://chabashira.sowzow.com

同じく2008年6月、大阪府の居酒屋で料理と一緒に出されたアジサイの葉を食べた人が、嘔吐や顔面紅潮などの症状を訴えました。

 

いずれも2~3日程で回復したそうです。

アジサイの葉には毒がある?

実はアジサイの葉の毒成分については、まだ解明されていません

調べても数値として出てこないのです。

アジサイ 葉っぱ 食べる
(画像引用元:http://ooto-info.jp

 

しかし昔から、アジサイの葉には自然毒と呼ばれる青酸配糖体が含まれている、と言われています。

ちなみに、この自然毒梅は桃の種子にも含まれています。

 

青酸配糖体が体内に入ると腸内細菌の働きで青酸が作りだされます。

 

アジサイの葉に含まれているのはごく微量なので死に至ることはありませんが、同じ成分が含まれていることは知っておきましょう。

スポンサーリンク

アジサイの葉に毒は未解明!葉っぱは食べれるものもあるが…

すべてのアジサイの葉に毒成分が含まれているわけではないようです。

 

アジサイの葉を触ったり、庭にアジサイを植えているのは全く問題ありません。

 

微量とはいえ毒成分が含まれている可能性があるので、口には入れないようにしましょうね。

 

我が家の子どもたちは添え物にはあまり興味がないようなので大丈夫ですが、小さい子どもさんがいる方は要注意です。

 

あまり美味しそうに見えませんが、アジサイの葉は中毒を起こす可能性がある、と覚えておきましょう。

 

せばな~