カレー、肉じゃが、と煮物やスープに使えて、そのままでも美味しい「じゃがいも」。

 

けれどじゃがいもってちゃんと中まで火を通してホクホクにするのって意外と難しいですよね~

意外と分からない湯で時間ですが何分くらい茹でれば綺麗に外も中もいい感じに柔らかくなるのでしょうか?

 

今回はじゃがいもを柔らかくするための湯でかた・湯で時間を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

じゃがいもを柔らかくするには?湯で時間は?レンジだと何分?なぜ水から湯でる?

じゃがいも 柔らかく

じゃがいも等の根菜類は水から湯でるのは常識ですが知っていますでしょうか?

根菜類は中まで火が通りにくい食材で、じゃがいもも同様です。

 

そのため、沸騰後にじゃがいもを入れてしまうと中が調度よい柔らかさになった時に、外側が加熱されて外と中で柔らかさのバランスが悪くなります。

だからじゃがいも含む根菜類は水から湯でてお湯と一緒にゆっくり温めることで、外と中がバランス良い柔らかさになります。

 

そして水からですと、じゃがいも40gは30分限度で湯で上がり柔らかくなります。

スポンサーリンク

電子レンジだと栄養が逃げない?何分で柔らかくなる?

じゃがいもにはお肌に良いビタミンB、ビタミンCが含まれていますが水溶性でお湯で湯でてしまうと溶け出して栄養が逃げてしまいます。

 

そんな時は電子レンジで温めて柔らかくすることで、お湯で栄養が流れずに済んで、じゃがいもを丸ごと栄養を取ることが出来ます。

 

レンジ簡単にじゃがいもを柔らかくするなら、皮がついたじゃがいもをラップでそのまま包み込んで温めるのがおすすめです。

 

そして600wの電子レンジの場合は100gにつき3~4分ほどで柔らかくなります。

もし、3~4分立っても柔らかくならない場合は30秒刻みでレンジで確認しながら温めてください。

 

また、ホクホクさせたい場合は温めたじゃがいもを、乾いた布巾包んでで3分以上置くと更に美味しく仕上がります。

布巾で包んで置くことで、じゃがいもの熱がムラがなくなり全体にいきわたってホクホクになります。

じゃがいもをレンジ簡単に?実から湯でてじっくり?柔らかくする時間は何分?

意外と分からないじゃがいもを湯でる時の時間。

 

他にも面倒だったり、栄養をすべて取りたいのであれば電子レンジで温めるのも良いかもしれませんね。

 

みなさんもじゃがいもを的確な時間で湯でておいしいジャガイモを食べましょう!

 

せばな~