炭水化物抜きや糖質オフなど、最近はお米大好きな私にとって過酷な世の中です。

しかし、お米大好きな私でもカーボバックローディングなら我慢せず楽しくダイエットができるそうです。

 

そんな、カーボバックローディングとは、どんなダイエット方法なのでしょうか?

 

ということで今回は、カーボバックローディングのやり方、効果を調査したいと思います。


スポンサーリンク

カーボバックローディングとは?やり方・効果は?

カーボバックローディングとは?

カーボバックローディングは糖質制限はするが、糖質が吸収されにくいタイミング・方法で炭水化物を摂取するより、健康的な糖質制限ダイエット方法です。

ちなみに、カーボは「炭水化物」ローディングは「詰め込む」という意味です。

カーボバックローディング やり方
(画像引用元:https://yatteok-ranking.com

 

炭水化物はご飯・パン・麺類など、私たちの食生活のなかでは「主食」とされるものが多いため、制限を行うとみるみる内に体重が落ちると言われています。

 

たしかに手っ取り早いダイエット方法ですが、やはり一生炭水化物を取らないのは難しくストレスが溜まりやすく、リバウンドする方が多いのも事実です。

 

そのため、糖質が吸収されにくいタイミング・方法で炭水化物を摂取するより、健康的な糖質制限ダイエットが出来るのがカーボバックローディングです。

カーボバックローディングのやり方は?

カーボバックローディングでは糖質が吸収されにくい朝よりは夜、平常時よりは運動後に炭水化物を摂取してください。

 

朝ご飯は抜くか炭水化物を極力減らします。

昼も炭水化物は極力減らして良質なタンパク質を摂取することを心がけます。

朝と昼を合わせて炭水化物の摂取量は30gまでにすると効果的だそうです。

 

夕方以降は運動をして夜ご飯に高GIな炭水化物をしっかり取ります。

私たちは普段「低GI食品」を摂取する方がダイエットに良いと聞くことが多いですが、運動後かつ夕飯には素早くエネルギーに変わる高GI食品が効果的なのです。

ちなみに、高GIな炭水化物と言えば白米、食パン、うどん、じゃがいもなどです。

 

時間がなくてトレーニングができない日などは夜も炭水化物を控えれば良く、ガチガチ過ぎないルールも続けやすい特徴です。

スポンサーリンク

カーボバックローディングの効果

カーボバックローディングは糖質の制限はしつつ、運動もしっかりする事で体重が0.5~1kg減るのもザラではないとか。

最終的には1週間で2~3kgのダイエットが叶う人もいるようです。

 

ただ、トレーニング後の夕飯は疲労も手伝って食欲が落ちて思ったより食べられず、朝昼に炭水化物を取らないことで脳へのエネルギーが不足することもあるようです。

 

昼間仕事などで脳を酷使する人は特に朝・昼にも炭水化物を摂取する必要があります。

 

専門家の間では夜に高GI食品を摂取すると睡眠中の成長ホルモンが妨げられて逆効果だと言う人もいるようです。

 

まだまだカーボバックローディングは研究や実証が必要なダイエット方法かもしれません。

カーボバックローディングでダイエット効果!やり方は糖質制限!

やはり日本人は白米が好きな人も多いですしパンだっておいしい、うどんやラーメンなどの麺類も大好きです。

 

そんな炭水化物を食べていいというカーボバックローディングは魅力的ではありますがまだまだ多くの人に効果があると実証されるには時間が必要そうです。

 

もう少し様子を見つつ、軽い感じで始めてみるのもいいのかなと思いました。

 

せばな~