ハロウィンや煮物として役立つかぼちゃ。

 

自分は甘くて美味しく仕上げたかぼちゃの煮物が好きですね!

デザート感覚でペロッといけちゃいます。

 

しかし、いざかぼちゃを買ってみると、甘くないかぼちゃを選んだらもったいないですよね?

 

ということで、今回は

甘いかぼちゃの見分け方・選び方は?

かぼちゃの甘味を際だたせる方法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

徹底攻略!甘いかぼちゃの選び方・見分け方は?甘さを際立たせる料理は?

甘いかぼちゃ 選び方

かぼちゃには、冷え性改善となる保温効果、日焼けやシミ対策となるカロテン、美肌にもなるアンチエイジング効果もあります。

 

ちなみに前回紹介しましたが、かぼちゃのワタにはβカロテンが5倍、種には血液をサラサラにする効果があります。

⇒かぼちゃの種の食べ方?血液サラサラの栄養?料理して食べる?

かぼちゃのわたの食べ方?βカロテン5倍の栄養?利用・料理方法は?

そんな効果が一杯のあるかぼちゃのですので、甘く・美味しく食べたいですよね!

甘いかぼちゃの見分け方・選び方は?

かぼちゃの甘い時期は5~9月が旬とされていますが、夏に収穫すると軽くて水っぽく、秋に収穫すると完熟して甘くてずっしりと重いようです。

 

ちなみに日本で出回っているかぼちゃは「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の三種類で一般的なのは甘みが強い「西洋かぼちゃ」です。

 

「日本かぼちゃ」は甘みが少ないとの事で、甘いかぼちゃを食べたい場合は種類にも気をつけてください。

丸ごとかぼちゃの見分け方

皮である緑色が濃く、皮の黄色い部分は中身と同じ色と言われているのでどちらにしても濃い色が良いです。

 

表面はゴツゴツして爪が立たないくらい丈夫で皮が固く、ずっしりと重いほうが美味しいです。

 

後はヘタから糖分が染みだしたり、ヘタの周りがくぼんだりヒビが入っていると完熟している証拠で甘いです。

ただし、ヘタの周りを押して柔らかいものは選ばないほうが良いです。

スポンサーリンク

カットされたかぼちゃの見分け方

中にある種がしっかり詰まっていて、肉厚があるほうが美味しいです。

 

色合いも中身のオレンジが濃いほうが完熟して甘いようです。

かぼちゃが甘くなる料理?甘味を際だたせる方法は?

実は少量の塩を入れるだけでかぼちゃの甘味を際だたせる事ができます!

 

塩を入れるタイミングは、基本的に加熱途中か加熱後に砂糖や醤油も入れずに塩を少量かけるだけで甘さが際立ちます。

甘いがかぼちゃを見分け・選ぶ!料理でも甘さを増して美味しく食べる!

カットされた、または丸ごとのかぼちゃでも色々な見分け方があったかぼちゃ。

 

料理でも塩をかけるだけで甘みが際立つとは、まるでスイカにお塩をかける要領と同じですね!

 

みなさんも、美味しいかぼちゃを見分けて、甘くいかぼちゃを食べちゃいましょう!

 

せばな~