ハロウィンで使われる食材かぼちゃ。

自分は柔らかく煮たかぼちゃの煮物が甘くてく好きです。

 

そんなかぼちゃですが、真ん中にある「わた」を取り除いて捨てていませんか?

 

自分も好きな煮物にはいらないものなので捨てていますが、せっかくですから食べれないでしょうか?

 

とゆうこで今回は、

かぼちゃのわたの食べ方は?料理方法は?

わたには栄養はあるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

かぼちゃのわたを食べる?栄養は?食べ方・料理方法は?

かぼちゃ わた

かぼちゃは自体には栄養がたくさんあり、冷え性のお悩み解消に鳴る保温効果、日焼けやシミ対策になるカロテン、また美肌になるアンチエイジング効果もあります。

 

しかし、かぼちゃのワタには、かぼちゃ果肉と違って特徴的な栄養があり美味しく調理することが出来ます。

βカロテンが果肉の5倍!?かぼちゃのわたの栄養は?

かぼちゃのわたは、かぼちゃの果肉にも含まれているβカロテンの5倍もあります。

 

また見た目通り、食物繊維も豊富なので便秘解消や大腸がんの予防にもなります。

 

骨を丈夫にしたり、血液の凝固作用もあるビタミンKも含まれており、これだけ栄養があるので、わたを食べる一択ですね!

かぼちゃのわたの料理方法は?

かぼちゃのわたをジュース

かぼちゃのわたを電子レンジで約2分かけて柔らかくします。

ミキサーに、柔らかくなったわたと一緒に水(または牛乳)1カップ、レモン汁を大さじ1、はちみつを小さじ1を入れて混ぜます。

 

これでジュースは完成ですが、好みによってはちみつを足してみてください。

スポンサーリンク

かぼちゃのわたをペーストで活用

かぼちゃのわたを繊維を切るように刻むことでペースト状にして、汎用性がきく食材となります。

 

ペースト状にしたものをクッキーやパンケーキにいれたりすることで栄養満点のお菓子ができます。

 

溶いたタマゴとまぜて「ワタ入りに半熟卵」にしたり、スープに混ぜるのも栄養満点で美味しいです。

かぼちゃのわたを揚げ物

皮や骨等も基本揚げれば食べれますよね!

わたも同様でカラッと揚げることで、おつまみの一品となります。

かぼちゃのわたを食べる?栄養が5倍もあるの料理しないのではもったいない!

かぼちゃのわたはβカロテンが果肉より5倍と栄養満点です。

 

だから普段捨ててしまいがちなわたも有効活用して美味しく食べることで、美肌を手に入れましょう!

 

みなさんも、ハロウィンでかぼちゃを使うなら大量のわた料理を作って違う意味で、他の方を驚かせましょう!

 

せばな~