店頭でカブを見かける季節になりました。

大きいカブ、小さいカブ、いずれも立派な葉をつけて店頭に並んでいます。

 

今回はカブの栄養や効果、柔らかく食べる方法について紹介します。


スポンサーリンク

カブが火が通り柔らかく!味が染み込む方法は?保存・栄養は?

カブの栄養、効果

カブ 柔らかく

カブは葉と根で異なる栄養成分を持っています。

 

葉:緑黄色野菜:カロテン、ビタミンA、B1、C、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維

根:淡色野菜:ビタミンC、アミラーゼ(でんぷん消化酵素)

 

根の部分よりも葉の方に栄養が集まっています。

カブは胃腸を温め、冷えからくる腹痛を抑える効果があります。

 

解毒作用もあり、抽出した汁を患部に塗ると、虫刺されやあかぎれに効果があります。

 

辛み成分のクルコシアネートは発がん物質を解毒し、活性酸素を取り除く効果があるそうです。アンチエイジングも期待できますね。

カブを柔らかく食べる方法

大根と違って、肉質が緻密で柔らかいカブ。

煮込み過ぎると崩れるので注意が必要です。

 

よく洗って皮をつけたまま煮込んだ方が、型崩れせずきれいな状態で食べられます。

 

皮も柔らかく食べられるので、ぜひそのまま使ってください。

 

火が通りやすく味がしみ込みやすいので、複数の具材を混ぜる時は、一番最後に加えましょう。

 

コカブは皮を剥かずに調理しても柔らかいです。

アミラーゼは皮の下に多く含まれているので、できれば皮ごと食べたいですね。

 

大きいカブや聖護院カブは大きい分繊維もしっかりとあります。

この場合は皮を剥いて、さっと煮るようにしましょう。

 

長時間煮込むと、ドロドロに煮崩れてしまいます。

 

カブの根は、生食にも向いています。

スライスしてサラダや和え物にしてみましょう。

ビタミンCを効率よく摂取できます。

 

塩でもんだり酢につけると酵素の効果が弱くなります。

少量の塩でサッと揉んでサラダ感覚で食べるといいでしょう。

 

千枚漬けに使われているのは、聖護院カブです。

スポンサーリンク

カブの保存方法

買ってきたらまず葉を根元から切り落としましょう。

つけたままにしていると、葉に水分や養分を取られてしまいます。

葉の方が早く鮮度が落ちるので、早めに使いましょう。

 

根は4~5日くらい日持ちします。

使いきれない時は、冷凍保存も可能です。

きれいに洗って水気をきり、使いたい形にカットします。

使い方は生の時と同じですが、凍ったまま調理できます。

カブを丸ごと柔らかく・味が染み込むように煮込む!栄養いっぱいで体を温めよう!

試しにコカブを皮付きのまま煮込んでみましょう。

カブが透き通ってきたら柔らかくなったサインです。

 

余熱でも火が入るので、早めに火を止めてじっくりと味を沁みこませましょう。

 

胃の調子を整えたいときには、サラダや漬物など、生で食べる。

体を温めたいときは、煮物やスープで食べる。

 

上手に使い分けて、元気に春を迎えたいですね。

 

せばな~