おやつの時間、せんべいを揚げた揚げせんべいは程よいしょう油味でいくつでも食べたくなります。

 

しかし、大阪のではぼんち揚げが定番のお菓子ですが、関東ではぼんち揚げでは通じません。

関東のほうでは歌舞伎揚げという揚げせんべいがあるようですが、同じものでしょうか?違うものでしょうか?

 

ということで今回は、歌舞伎揚とぼんち揚の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

歌舞伎揚とぼんち揚げの違いは?

ぼんち揚げとは

ぼんち揚げとは、ぼんち株式会社が1960年から作っている「ぼんち揚げ」で大袋に入っています。

歌舞伎揚げ ぼんち揚げ
(画像引用元:https://askul.c.yimg.jp

 

山崎豊子さんの小説「ぼんち」に出てくる、やりたい放題するけど帳尻のあった遊び方をするお金持ちのボンボン(坊ちゃん)、から取られたネーミングだそうです。

 

カツオと昆布の出汁が効いたしょう油味のぼんち揚げは、お茶の間のおやつとして馴染みがあります。

スポンサーリンク

歌舞伎揚げとは

歌舞伎揚げとは、株式会社天乃屋が1960年から作っている「歌舞伎揚げ」で小袋に入っています。

歌舞伎揚げ ぼんち揚げ 違い
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

 

日本の伝統文化である歌舞伎と、庶民のおやつ、せんべいをくっつけて販売を始めたお菓子です。

 

歌舞伎の定式幕である「緑(萌葱)・黒・赤(柿)」のパッケージが歌舞伎を連想させますね。

 

表面の凸凹は家紋で、丸型は片岡仁左衛門家、角型は市川團十郎家の家紋です。

歌舞伎揚げ ぼんち揚げ 違い
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

最近ではソフトに仕上げるのが人気のようで、家紋がちょっとわかりにくくなっています。

 

しょうゆをベースにした、サクサクとした食感が特徴です。

歌舞伎揚とぼんち揚げは企業違いで揚げせんべい!

株式会社天乃屋がつくる「歌舞伎揚げ」、ぼんち株式会社が作る「ぼんち揚げ」。

どちらもせんべいを揚げた、揚げせんべいです。

会社が違うので、味付けも違います。

 

歌舞伎揚げがしょう油味でやや濃いめの味なのに対して、ぼんち揚げは出汁のきいた優しいしょう油味です。

 

ぼんち揚げに慣れた私が歌舞伎揚げを食べると、味が濃いな、と感じます。

 

しかし歌舞伎揚げに慣れた親戚は、ぼんち揚げは出汁がきいているけど味が薄いな、と感じるようです。

 

どっちが自分の口に合うか、食べ比べしてみるのも楽しいですね。

 

せばな~