すっかり秋めいてきましたね。

里の秋、という通りあちこちで柿が色づいてきました。

 

甘い柿ならむいてすぐに食べられますが、渋柿はそのままでは食べられませんね。

ご近所さんから、渋柿です、と言って沢山いただいてしまいました。

 

どうせなら干し柿になってからくださったらよかったのに、と思いましたが、仕方がない、自分で作ってみよう。

 

ということで、今回は

渋柿を干し柿にする方法

カビないようにするコツ

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

干し柿のカビ対策は?生えたらどうする?白い粉は大丈夫?作り方は?

簡単な干し柿の作り方

①ヘタを残して皮を剥く。晴れが続きそうな日に剥くといい。

②T字の枝の部分に紐にくくる。
※一本の紐の両側に結ぶと、後の工程が楽。

③熱湯消毒する。

10秒ほど湯通しする。殺菌と虫よけのためです。
湯通しした後は、柿に触らない。カビの原因です。

 

柿同士が触れないように柿を干す

・風通しがよい場所
・露や霧にぬれない場所

が適しています。

 

やっぱりベランダがいいのかな?洗濯物と場所の取り合いになりそうです。

 

1週間程で柿の表面が乾きます。

柿の表面が湿っているときに柿を触るとカビの原因となります。

柿の表面が乾いたら、1週間ほど毎日柿をやさしく揉みましょう。

 

繊維が崩れて柔らかくなります。

渋も抜けて、甘くなります。

干し柿のカビ対策

沸騰した湯に10秒ほど湯通ししましょう。

 

気温が低く、乾燥して、晴れが続く日に作り始め、柿同士がくっつかないようにしましょう。

 

また雨や露に濡れないようにして、表面が乾かないうちは触らないようにしましょう。

 

アルコール度数の高い焼酎を霧吹きで吹きかけるのも有効です。

自分の手や指も清潔にしてから柿に触れたいですね。

 

アルコールで消毒してから皮を剥いたり、揉んだりする方が安全ですね。

スポンサーリンク

干し柿にカビが生えた時はどうする?

干し柿にカビが生えたら、食べない方がいいです。

 

害のあるカビかどうかが、素人ではわかりません。

 

干している柿の表面にカビが見えたら、36度の焼酎をつけたペーパータオルで拭きましょう。

 

その後カビが生えてこなければ大丈夫です。

 

びっしりとカビが生えているときは、諦めましょう。

 

ちなみに白い粉はカビではありません。

ブドウ糖や果糖の糖分が結晶化したものです。

 

ただし白っぽいカビもあるので、気になる人は食べない方がいいでしょう。

白い粉は大丈夫!甘い干し柿作って食べる?カビ対策で生やさない!

同じように作っていても、その年の天候や柿の具合によってカビが生えたり、上手に出来たりするようです。

 

たくさん出来たときは、一つずつラップをして冷凍保存も可能。

 

ベランダを洗濯物と取り合いになりそうですが、せっかく頂いたし、干し柿にチャレンジだ!

 

好きな人はわざわざ渋柿を買うんですよね。

そこまでの情熱はないけど、柿すだれを作ってみたいと思います。

 

せばな~