朝はモーニングでトーストとコーヒー。たまにはサラダも付けて。

ご飯と味噌汁の朝食もいいですが、コーヒーにはパンが合いますよね。

 

なんとな山型のパンが好きなのですが、角型パンよりも山型パンの方がふっくらしている気がしませんか?

そんな山型と角型のパンでどんな違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、改めて角型パンと山型パンの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

角型パンと山型パンの違いは?

角型パンとは

角型パンとは、正方形に焼きあがった食パンのことです。

山型パン 角型パン
(画像引用元:https://tomizawa-ec.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

パン生地を型に入れた後フタをします。

フタをするので水分の蒸発が少なく、生地の密度がアップします。

 

きめ細かくしっとりとした食パンに焼きあがります。

 

アメリカが発祥で、鉄道車両にいているため、「ブルマンブレッド」とも呼ばれます。

山型パンとは

山型パンとは、上部が山のように盛り上がって焼きあがったパンのことです。

山型パン 角型パン
(画像引用元:http://yoshitei.net

パン生地を型に入れた後そのまま焼きます。

 

フタがないので水分が少なく、生地も上に伸びるのでサクッ、フワっとしたパンです。

トーストすると軽い食感で、パリパリと焼けます。

 

小麦本来の味わいを楽しみたいのなら、山型パンがおススメです。

 

イギリスが発祥で、ブリキ(tin)型に入れて焼くため、「ティンブレッド」とも呼ばれます。

食パンミニ情報

食パンの保存方法

角型パンでも山型パンでも、買ってすぐに食べきる方は少ないですよね。

6枚切りを夫婦で食べると、3日は持ちます。

 

私は冷蔵庫に入れているのですが、実は冷凍庫に入れるのがおススメです。

 

1枚づつラップで密封して冷凍庫へ入れましょう。冷蔵庫は乾燥しやすいので、せっかくのパンがパサパサになってしまいます。

食パンの焼き方

朝パンを焼こうと冷えたトースターにパンを入れていませんか?

 

できれば30秒、トースターを温めてからパンを入れると水分の蒸発が防げます。

 

またパンの底の部分をトースターの奥に入れると、均一に焼くことができます。

美味しいパンの選び方

食パンを横から見て、凹んでいないものがおススメです。凹んでいる食パンは焼きムラがあるかもしれません。

 

また山形パンの場合は、山の裂けめの部分が細くはっきりとわかるものがおススメです。

角型パンと山型パンの違いを知って好みはどっち?

  • 角型パン:正方形で水分が多く、もっちりとした食感
  • 山型パン:山形で水分が少なく、サクッとした食感

と違いがあり、フタがあるなしだけでこんなにも違うのですね。

 

私はサクッとした山型パンが好きだな。

ホームベーカリーで焼くときも、山型になりますよね。

 

みなさんも、山型・角型のパンを自分で作ってみませんか?

 

せばな~