サクサクの衣からとろ~りクリームがとろけ出す魅惑の食べ物、カニクリームコロッケ。

自宅でも気軽に食べられると良いですが、作るのはなかなか難しいですよね。

 

今回はカニクリームコロッケの中身が漏れて失敗する事なく、綺麗に揚げるポイントをご紹介します。


スポンサーリンク

カニクリームコロッケが破れて中身が漏れる?失敗しない揚げ方のコツ・ポイントは?

クリームを良く冷ます

カニクリームコロッケの中身が漏れる原因の一つは、中のクリームの温度が高い事により起こる結露です。

 

この水分が油に入る事によって、油がはねてクリームが漏れてしまいます。

 

クリームを作ったら1つ分ずつサランラップなどに包み、粗熱を取ってから冷蔵庫(時間がないときは冷凍庫)に入れて十分に冷やしてから衣を付けます。

衣の付け方を工夫する

冷たいクリームが高温の油に直接触れてしまっても油がはねてクリームが漏れてしまいます。

 

そこで、カニクリームコロッケの衣を付ける時は小麦粉→卵→パン粉→卵→パン粉と、2重に衣を付けると良いそうです。

衣をつけた後はすぐに揚げる

衣を2度付けしたらすかさず油に入れましょう。

ここで時間を置いてしまうとクリームの水分が衣に染み出して、この水分が油の中ではねてクリームが漏れてしまいます。

 

食べるまでに時間がある時は衣を付けたらすぐに揚げておき、食べる直前に温め直しの2度揚げをするといいです。

スポンサーリンク

たっぷりの油で揚げる

油で揚げている最中にカニクリームコロッケの表面が油から出てしまうと、そこから温まった空気が出て行こうとして穴が空き、クリームが漏れてしまいます。

 

もったいないと思っても、必ずカニクリームコロッケが飛び出さない程度の深さの油を用意しましょう。

これで揚げた時破れるない!中身がもれない!失敗せずにカニクリームコロッケを自宅で気軽に!

実は私もカニクリームコロッケはお店で買うものだと決めてかかっていましたが、この4つのポイントを知ってからは自宅でも気軽にカニクリームコロッケを作ろうと思えるようになりました。

 

特に作ったクリームを良く冷やす→冷凍してもいいというのが目からウロコでした。

 

私は時間がある時にクリームをまとめて作って、1つ分ずつサランラップに包んで冷凍しておき、子供のお弁当が必要な日などにも使っています。

 

カニクリームコロッケは子供にも大人気なのでとても重宝しています。