お隣という事もあり、近年韓国旅行をする方や逆に韓国から日本に旅行に来る方はとても多くなっていますね。

 

韓流ブームなどもあり、韓国の食べ物を食べる機会も多くなりましたよね。

 

でも、意外と知らない事も多い韓国の文化。

そんな韓国の食文化と日本の食文化にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、韓国と日本の食文化の違いを見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

韓国と日本の食文化の違いまとめ!食事マナーで失礼になる場合も!

焼肉

日本では牛肉がほとんどですが、韓国で焼肉といえばサムギョプサルの豚肉

韓国 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://www.konest.com

 

日本ではタレにつけてそのまま食べる事も多いですが、韓国では必ずサンチュなどの野菜で巻いて食べます

日本ではお酒を飲む方は焼肉とキムチなどのお惣菜だけで終わる方も多いですが、韓国では必ずご飯や麺で締めます

辛い食べ物

日本ではからしやわさび、唐辛子などの辛味は定番ですが、韓国の唐辛子の使用量に比べたら圧倒的に少ないです。

 

日本では素材の味を楽しむための引き立て役として辛味を加える事はありますが、それ自体を主として食べる事はありません。

 

韓国では唐辛子が入っていない料理を探す方が大変なほどで、唐辛子の使用量は日本の10倍とも言われています。

唐辛子をそのままかじる事もあります。

 

韓国も海に囲まれているので新鮮な魚介類がとれるため、お刺身を食べる事もありますが、お刺身にもコチュジャンや辛味噌をつけて食べるそうです。

 

そんな唐辛子を多く使う理由は、韓国は日本よりも寒い地域が多いため、唐辛子やニンニクなどで代謝を上げる必要があった、と言わています。

お店での食事

日本では単品の料理を頼めばその料理しか出てきません。

お酒の席でお通しが出てくる事はありますが、これはテーブルチャージに近い意味合いです。

 

対して韓国では単品の料理を頼んでもナムルやキムチなどのお惣菜がぞろぞろと出てきます。

もちろん、勝手に出てきたお惣菜は無料で料金は取られません。

お酒

日本では目上の人がいる場合、目上の人へお酌をします。

相手のお酒が空になっていなくても注ぎ足しをすることも普通です。

 

韓国では目上の人から先にお酌をします。

 

瓶にしっかり手を添えず、瓶を持った方の腕に手を添えるという方法も丁寧なお酌の仕方。

女性が家族や親戚以外の男性にお酌をするのは良くないとされています。

 

相手のお酒が空になってない状態で注ぎ足すのはマナー違反です。

 

目上の人がいる場合は目上の人の正面に向かないよう、横を向いたり空いている手で口元を隠して飲みます。

韓国 日本 食事 違い
(画像引用元:https://www.konest.com

 

お酒のマナーは日本よりも細かい厳格な決まりが多いですね。

麺類の食べ方

韓国ではどんな物でも音を立てて食べるのはマナー違反

ピビン麺や辛ラーメンでも、音を立てずに食べるそうです。

 

日本ではラーメンやうどん蕎麦など、音を立てて啜って食べるのが良いとされています。

スポンサーリンク

食器の使い方

日本でも韓国でもお箸は使いますが、韓国では必ずスプーンがセットになります。

 

なぜなら韓国では金属製や薄い陶器製の茶碗にご飯やスープを入れて、茶碗は置いたままスプーンで食べます。

 

日本ではお米は陶器製の茶碗、お味噌汁は木製のお椀に入れて、茶碗を持ってお箸で食べますのでスプーンは不要です。

韓国と日本の食文化の違い!食事マナーを知っておく?

お隣の国で主食や基本的なことは似ているのに、韓国と日本では食文化も大違い!

面白いですね。

 

文化の違いを学ぶためにもますます韓国の事が知りたくなりました。

 

みなさんも韓国の食文化を知ってみてはいかがでしょうか?

 

せばな~