玉ねぎはちょっと辛みがありますよね。

子どもには苦手な辛みがあります。

 

新玉ねぎはまだ辛みが少ないのですが、それでも残るほのかな辛さ。

 

ということで今回は、玉ねぎの辛みを簡単に抜く方法を紹介します。


スポンサーリンク

体にいい玉ねぎをいっぱい食べて、血液をサラサラにしましょう!

酢水にさらす

細く切った後水にさらすと辛みが抜ける、と言いますがそれでも若干の辛みは残りますね。

 

玉ねぎの辛み成分アリシンは揮発しやすく、水に溶けやすい性質があります。

 

その性質を利用して水にさらすのですが、それでも多少の辛みは残ります。

 

そんな時はこの方法を試してみましょう。

玉ねぎ 辛味 抜く
(画像引用元:http://i1.wp.com

水にさらすのですが、その水にちょっとお酢を垂らしましょう。

 

目分量でいいのですが、慣れるまでは水1カップに酢小さじ1を目安にしてください。

この酢水に5分さらすと辛みが取れます。

 

お酢の酸っぱさがつくんじゃないの?と心配しなくても大丈夫です。

水を切ったらそのまま使えます。

 

ただし長時間酢水にさらすと、玉ねぎの栄養分まで溶けだしてしまいます。

5分を目安にしましょう。

スポンサーリンク

カットする向きに注意


(画像引用元:https://pixabay.com

お酢を切らしていたり、玉ねぎをすぐに使わない場合は、空気にさらす方法もあります。

 

玉ねぎはどのようにカットしていますか?

実は切る向きで辛さが変わるんです!

 

繊維を断つようにカットすることが重要です。


(画像引用元:http://www.kikkoman.co.jp

玉ねぎを輪切りするように薄くカットします。

 

そのままお皿やバットに重ならないように広げて、空気にさらします。

 

できるだけ薄く切る方が、辛み成分のアリシンが玉ねぎから出ていきます。

 

30分以上放置するといいですね。

調理の一番最初にカットして空気にさらすといいでしょう。

からい玉ねぎの辛味を抜いて子供の抵抗をへらす

常備菜として便利な玉ねぎ。

常温で保存できるので、便利ですよね。

 

血液をサラサラにする効果もあるので、積極的に摂りたい玉ねぎですが、子どもが食べてくれないと料理には使いにくいです。

 

上で紹介した方法で辛みを抜いて、子どもの抵抗を減らしましょう。

 

私も子どもが嫌がるので、ハンバーグなどに練り込んでいましたが、しっかりと辛みを抜いてサラダにしてみたら、抵抗なく食べていました。

 

玉ねぎはおいしい、と思ってくれたら多少の辛みも平気になってきます。

慣れるまではちょっと手間がかかりますが、酢水に漬けるだけなら時間もかかりません。

 

時間がある時は30分以上空気にさらす、時間がない時は5分酢水に漬ける、と使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

せばな~