子どもが大好きなカレー。家でも食べる機会は多いですよね。

外でもメニューが決まらない時は、なんとなくカレーを食べる人も多いと思います。

 

しかしカレーを食べた後で、なんだかお腹が緩くなったような?と感じたことありませんか?

カレーで下痢になるとしたら、その原因は何でしょうか?

 

ということで今回は、カレーで下痢になる原因と対策を紹介します。


スポンサーリンク

カレーで下痢・腹痛になる原因と対策は?

カレーで下痢になる原因

スパイス

カレー 下痢
(画像引用元:http://rhinoos.xyz

辛み成分として一番に浮かぶのが、「カプサイシン」で唐辛子の辛み成分ですね。

 

このカプサイシンが体内に入ると、交感神経が活発に動きます。

 

腸の活動が活発になるので、便がいつもより早くに肛門へ運ばれます。

 

いつもなら大腸で水分を吸収してから便となるのに、カプサイシンの働きで水分が多いまま肛門に届いてしまい、お腹が痛くなって、下痢状態になるのです。

食中毒

翌日のカレーは美味しい、とよく言いますよね。

確かにひと晩寝かしたカレーは素材の旨味が混じりあって美味しく感じます。

 

ところが鍋で一晩寝かせたカレーの中には、食中毒を引き起こす危険な菌「ウェルシュ菌」が増殖しています。

カレー 下痢
(画像引用元:http://www.pref.yamaguchi.lg.jp

 

野菜や肉などに付着しているウェルシュ菌が、煮込んだ鍋が冷える課程で大増殖。

翌日のカレーを食べて、数時間後に下痢になる場合は、このウェルシュ菌が原因の可能性が高いです。

カレーで下痢にならない対策

原因がスパイス、カプサイシンの場合

原因がスパイス、カプサイシンによって下痢になる人は、辛すぎるカレーを食べるのは止めましょう

 

徐々に慣れていく方法もありますが、量を間違えるとやはり下痢になります。

 

自分で作る場合は、徐々に量を増やしていくといいですね。

スポンサーリンク

原因が食中毒の場合

菌が活動しやすい温度(30~50℃)を避ける必要があります。

 

カレーを炊いて残った場合は、平べったいタッパーに入れて、冷蔵庫で保管しましょう。

カレー 下痢
(画像引用元:http://media-groove.com

 

再度食べる時は、内部までしっかりと温めるようにしましょう。

 

少量のウェルシュ菌では下痢にはなりません。

菌を増やさないことが重要です。

カレーで下痢・腹痛になる原因から対策して安心して食べよう!

辛いカレーを食べると、おなかが熱くなりますよね。

カプサイシンが胃や腸を刺激しているから熱くなり、そして下痢になるのです。

 

我が家も二日目のカレーは美味しいと喜んで食べていましたが、ウェルシュ菌が潜んでいたとは驚きです。

そう言えば主人はよくトイレに行っていたような気がします。

 

カレーには煮込んだ野菜が入っていますが、一緒に生野菜を食べましょう。

消化酵素が腸を労わってくれますよ。

 

そういえばお気に入りのカレー屋さんでは、キャベツのピクルスがサービスで出ていたなぁ。

 

みなさんも、美味しいカレーで下痢にならないようにしっかり対策しましょう

 

せばな~