カロリーを気にする人のために、カロリーゼロの人口甘味料がありますよね。

 

カロリーゼロって素敵!と思って何度か利用したのですが、ふと思いました。

 

甘いのになぜカロリーゼロなんだろう?

 

ということでカロリーゼロの人口甘味料について、

カロリーゼロなのになぜ甘いの?

人工甘味料のわなとは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

カロリーゼロの甘味料は太る理由?糖尿病や味覚が鈍ると危険?

カロリーゼロの甘味料

天然素材の砂糖には甘みと一緒にカロリーもあります。

カロリーゼロ 太る
(画像引用元:https://pixabay.com

肥満の人や糖尿病の人など、糖分やカロリーを気にする人のために開発されたのが、カロリーゼロの甘味料です。

 

サッカリンは砂糖の200~700倍、アスパムテールは160~200倍の甘みがあります。

 

これだけ甘いので、料理に使ったり、お菓子作りに使う時は少量で済みますよね。

 

喫茶店のテーブルにも、天然砂糖と一緒に、カロリーゼロの表示のある人口甘味料が並んでいます。

 

砂糖が天然の素材から作られるのに対して、人口甘味料は化合物です。

 

人口甘味料は人が消化吸収できないので、血糖値が上がらない、肥満にならない、 糖尿病の人でも大丈夫と言われてきました。

 

しかし最近では、どうも違うらしいと分かってきたのです。

スポンサーリンク

人口甘味料のワナ

人口甘味料は人が消化吸収できないので血糖値が上昇しない、太らないと言われてきましたが、実は腸内細菌は分解して血糖値を上昇させて太る可能性があるようです。

カロリーゼロ 太る
(画像引用元:http://oi42lygqfhd7x5.cdn.jp.idcfcloud.com

さらに日常的に人口甘味料を摂っていると、甘みに対する感受性が鈍り、より多くの甘みを得ないと満足できなくなることが分かってきました。

 

人工的な化合物のため、味覚が鈍ったり、ホルモンバランスが崩れたりと、いろいろな副作用が報告されています。

 

天然の砂糖に比べて、カロリーはゼロであっても、日常的に摂っていいものかは疑問が出てきます。

カロリーゼロの甘味料に騙されない!太る・糖尿病とリスクは未知数?

同じ清涼飲料水でも、カロリーゼロの表示があれば、ついつい手に取ってしまいますよね。

 

なんだか健康によさそうなカロリーゼロですが、中身を見ると案外そうではありません。

 

カロリーゼロだからといって摂りすぎていると、糖尿病だけでなく、肥満のリスクも高まります。

 

なかには発がん性がある、という意見まであるカロリーゼロの人口甘味料。

 

今回調べてみて子どもに食べさせるのは止めよう、と私は思いました。

 

最近開発された人口甘味料の安全性や危険性はまだまだ未知数です。

 

糖尿病を抑えるためにカロリーゼロを選んだのに、かえって悪化させては意味がありませんよね。

 

個人の判断ですが、人工の甘みよりも天然の甘みを少量楽しむ方が安全な気がします。

 

まだまだ小さい我が子には、天然の砂糖を使った料理を食べさせてあげたいなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大東製糖株式会社 喜美良 20KG 国内産 きび砂糖 業務用
価格:8208円(税込、送料別) (2017/5/2時点)

 

せばな~