世界文化遺産にも登録されている「和食」。

でも当の日本人は和食文化についてきちんと知らない事も多いですよね。

 

そんな中で同じ読みである「懐石料理」と「会席料理」の違いは何なのでしょうか?

 

今回は「懐石料理」と「会席料理」の違いについて調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

懐石料理と会席料理の違いは?

懐石料理とは?

懐石料理 会席料理
(画像引用元:https://uds.gnst.jp

懐石料理は茶道から生まれた日本料理です。

 

禅と深いつながりがある茶道において「温めた石を懐に入れて寒さや空腹をしのぐ」という故事や、禅寺でいただく精進料理が由来となっています。

 

私たちのイメージする茶道は、お茶を点ててもらって「結構なお点前です」と頂くものですよね。

懐石料理 会席料理
(画像引用元:http://www.univ.gakushuin.ac.jp

でも、本来の茶道はメインとなる「濃茶」を楽しむための流れがあり、その中に懐石料理も含まれるのです。

 

お茶を美味しくいただくために、空腹しのぎでいただく軽い食事という位置づけだそうです。

 

今では懐石料理専門のお店もあって、懐石料理だけを頂く事もできますが、お茶会の1部としての懐石料理は「茶懐石」と呼び分ける事もあるようです。

 

一汁三菜を基本として、旬の食材を使い素材の持ち味を活かした味付けで供されます。

 

飯と汁は食事の1番最初に出されます。

 

精進料理が由来というと、質素なお料理なのではないかと思ってしまいがちですが、お酒も振舞われますし丁寧に調理されたお料理は今ではとても贅沢なお料理の1つと言えます。

 

「心を尽くしたおもてなし」が随所に感じられる、正に日本の伝統的な文化の1つです。

スポンサーリンク

会席料理とは?

懐石料理 会席料理
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

会席料理はお酒を楽しむためのお料理です。

 

基本の一汁三菜は懐石料理とも同じですが、揚げ物など和え物、酢の物などが加わり酒の肴の要素が強くなります。

 

食事の最後に飯と汁が提供されます。

 

日本の伝統的な儀式などに用いられる「本膳料理」に続く正式な料理形式です。

懐石料理 会席料理
(画像引用元:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp

ドラマなどで、政治家が料亭で密談をする時に前にしているお食事はまさに「会席料理」。

宴席やなどの一般的な儀式などに用いられるのも会席料理です。

 

私たちが旅館などの夕飯に頂くお料理なども会席料理です。

懐石料理と会席料理の違いには意味がある!

懐石料理も会席料理も、高級な和食というイメージしかなかったのですが実は別な意味があったんですね。

 

漢字が読めない外国の方からしたら「かいせきりょうり」という同じ言葉。

 

いざという時にうまく説明ができるように、日頃から学んでおくことは大切ですね。

 

せばな~