もうすぐ子どもの日がやってきますね。子どもの日と言えば柏餅や粽が楽しみです。

 

柏餅が大好きなのですが、この柏餅の葉って食べませんよね?

どうして食べないの?柏餅の葉は食べられないのでしょうか?

 

ということで今回は、柏餅の葉は食べられるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

柏餅の葉は食べられる?葉の効果は?

柏餅の葉は食べられる?

柏の木から採れる葉っぱですが、柏餅を作るときにはさっと洗って餅と一緒に蒸します。

食べ物に直接触れるので、清潔に扱われています。

 

そのため、柏餅の葉は食べること事態は問題ありません。

柏餅の葉っぱは食べられる
(画像引用元:https://pds.exblog.jp

食べて害のある物ではありませんが、見た目から想像できるように柏の葉は固く筋もあります。

 

餅と一緒に食べると固い葉が邪魔をしてモサモサする気がします。

 

食べようとすれば食べられますが、あえて食べる人は少ないようです。

 

昔は旧暦で祝われていた子どもの日ですが、今は新暦で祝うので去年に採って保存した柏の葉を使っています。

 

1年間保存するために、にがりに漬け込んだり、海外から輸入された柏の葉を使うこともあります。

 

餅を直接乗せるので衛生的には問題ないと思いますが、ちょっと食べる気にはなりにくいですね。

スポンサーリンク

なぜ柏の葉で包むの?

柏の葉には、オイゲノールという殺菌作用があります。

暑さが増してくるこの季節、食べ物を保存する働きがあります。

 

昔の人はオイゲノールの成分はわからなくても、経験的に柏の葉には殺菌作用があると知っていたのですね。

 

さらに柔らかいお餅を柏の葉で包むことによって、乾燥から防ぐ効果もあります。柏の葉で包んでいると持ち運びにも便利ですし、食べる時に手も汚れませんね。

今でいう包装紙のような役割も持っていたのです。

 

ちなみに柏の木は次の新芽が出てから葉が落ちるので、子孫が絶えない、と縁起を担ぐ意味もあります。

 

柏餅の葉をそっとめくって口に運ぶと、ほんのりといいい香りがします。

これは蒸したときに、柏の葉の香りが餅に移っているからです。

 

柏の葉を食べるよりも、ほのかな移り香を楽しみながら餅を食べるといいですね。

柏餅の葉は食べる!食べられるけど食べる人は少ない!

柏餅の葉、食べる事を目的としているよりも、移り香や保存などを目的として使われているので、食べる人はとても少ないようです。

気になるようなら一口食べてみましょう。

 

私もとりあえず一口食べてみましたが、葉は一緒に食べない方が断然美味しいです。

 

柏の葉が売られていたら、自宅で柏餅を作ってみるのもいいですね。

その時あなたは柏餅の葉、食べますか?

 

せばな~