暑い夏に冷たいアイスはサイコーですよね。

冬でも温かい部屋で食べるアイスは止められません。

 

冷凍庫にアイスを常備している方も多いと思いますが、ときどきアイスが固すぎて食べられない、食べにくいことってありませんか?

 

そんな固いアイスを柔らかくして食べる方法は?

 

ということで今回は、固いアイスを柔らかくして食べる方法を調べてみました。


スポンサーリンク

固いアイスを柔らかくする方法は?

アイスクリームスプーンを使う

実はアイスクリーム専用のスプーンがあり、固いアイスもすくえることが出来ます。

アイス 固い
(画像引用元:https://i.gzn.jp

 

アルミニウムで作られているアイスクリームスプーンは熱電がよく、手の体温がスプーンからアイスクリームに伝わるため、程よく溶ける仕組みです。

電子レンジでチン

かなり意外な感じがしますが、10秒以内でちょっとだけチンすることで、食べごろになります。

アイス 柔らかくする
(画像引用元:https://image.newspass.jp

 

うっかり温めすぎないように、時間はしっかりと測りましょう。温めすぎると舌触りが悪くなってしまいます。

ジップロックに入れる

アイスを一旦ジップロックなどの袋に入れてから冷凍庫に入れましょう。

少し空気の層ができるので、冷やしすぎを防ぐことができます。

アイス 柔らかくする
(画像引用元:https://www.yoshi-toku.jp

 

厚みのあるジップロックのほうが冷凍焼けも防いでくれるのでおススメです。

ジップロックは何度も使えるので便利ですね。

スポンサーリンク

手のひらで包み込む

手のひらで包み込むと、側面からスプーンを入れて外から内側に食べると程よい柔らかさで食べる事が出来ます。

アイス 柔らかくする
(画像引用元:https://precious.ismcdn.jp

 

アイスカップを両手で包み込み方は、手のひらの体温でアイスカップの側面を温めるイメージです。

固いアイスを柔らかくする方法は熱を上手く使いこなす!

アイスクリームスプーンも手のひらも、手の体熱をアイスに移すことでほどよい柔らかさで食べる事が出来ます。

 

我が家もアイスクリームスプーンを2本買ってみましたが、滑らかな口どけでアイスを食べる事が出来るので、いつものアイスがグレードアップしたような気分になりますよ。

 

みなさんも、熱を上手くつかって少し柔らかい食べやすいアイスを食べましょうね!

 

せばな~