食育と思って茄子を育てていたら、びっくりするほど固い茄子ができました。

色つやも悪く、まさにボケ茄子!って感じの茄子。

 

苗が疲れてきたり、栄養状態が悪いと固い茄子が出来るようですね。

 

そんな、固い茄子を柔らかくして食べる方法はないのでしょうか?

 

ということで今回は、固い茄子を柔らかくして食べる方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

固い茄子を柔らかくする方法!硬い原因は?

皮に切れ目を入れる

茄子の皮には茄子ニンというポリフェノールが含まれています。

 

なのでできれば皮ごと食べたいのですが、皮が固いと口に残ります。

そこで皮に切れ目を入れましょう。

茄子 固い
(画像引用元:https://food-cooking.jyuusya-yoshiko.com

和食でよく使われる切り方は鹿の子切り。

茄子を半分に切って、皮に包丁で切り目を入れます。

深さ1センチくらいで斜めにカットします。

 

このままでもいいですが、向きを変えて切り目が直角になるように包丁を入れると綺麗なひし形の切り目がつきます。

 

これを鹿の子切りと言って、切り口から味がよく沁み込みますし、皮をカットしているので食べやすいです。

 

面倒くさい、と言う人はピーラーでまばらに皮を切りましょう。

茄子 固い 原因
(画像引用元:https://nazenani-media.com

筋目が入って綺麗ですし、皮が減って食べやすくなります。

焼き茄子

下処理が面倒な人は、さっと洗った茄子をグリルに入れて焼きましょう。

茄子 柔らかくする
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

焦げ目がつくくらい焼いたら、熱いうちに皮をむいて出汁をかけます。

焼き茄子なら中まで柔らかくなりますよ。

スポンサーリンク

育てた茄子が固い

家庭菜園で茄子を育てている場合、茄子の皮が固いのは、肥料や水不足です。

茄子 固い 原因
(画像引用元:http://wish777.sakura.ne.jp

根元が乾燥していたら、直射日光が当らないようにして水と肥料をこまめに補給しましょう。

 

また低温や高温が続くとバランスが崩れて固い茄子ができます。

 

夏の野菜の茄子ですが、暑すぎてもうまく育ちません。

 

太陽は大好きですが、直射日光が当りすぎると皮が固くなるので、せめて西日を遮るようにしましょう。

お尻だけが固い茄子も、栄養不足です。

秋茄子はちょっと固い

夏に採れる茄子に比べて秋茄子はやや固い傾向があります。

 

それでも乱切りにして炒めたり、揚げ物に使うと柔らかくなります。

茄子 固い 原因
(画像引用元:http://1.bp.blogspot.com

祖母は皮が残ると言うので皮をむいて出していますが、できれば皮の栄誉も摂りたいので、皮に切れ目を入れたり、ちょっと向いたりして食べてみてください。

 

輪切りにして味噌汁に入れたり、塩もみして漬物にする方法もありますよ。

固い茄子を柔らかくする方法で美味しく!硬い原因は肥料や水不足!

茄子は油との相性がいいです。

 

我が家ではシンプルに焼き茄子にすることが多いですが、固そうな茄子ならマーボー茄子にするなどして食べてみるといいですよ。

 

みなさんも、油料理でうまく固い茄子も美味しく柔らかく食べましょう!

 

せばな~