サクサクの衣にジューシーな具材…

カツって美味しいですよね?、え、フライ??

 

同じパン粉を付けて揚げるお料理なのにカツだったりフライだったり、わかりにくいっ!

 

いったい、同じ揚げる「カツ」と「フライ」の違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、カツとフライの違いについて調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

カツとフライの違いは?

カツとは?

中身の具材は豚肉・鶏肉・牛肉などのお肉の切り身など。

トンカツ・チキンカツ・牛カツ・メンチカツなど、中身がお肉だけのものがカツと言われます。

カツ フライ 違い
(画像引用元:http://www.howdy.co.jp

元になっているのはフランスのcotelette(コートレット・カツレツ)です。

 

仔牛や羊の薄切りのお肉にパン粉や香草をまぶしてバターで焼いたお料理で、フレンチのお店に行くと食べられますね。

 

日本では明治25年創業の銀座「煉瓦亭」がカツレツの元祖と言われ、当時はフランス料理として提供されていました。

 

現在のようにたくさんの油で揚げる料理法の「カツ」になったのは昭和に入ってからと言われています。

フライとは?

現在日本で主に「フライ」と言われるパン粉をつけた食材を多量の油で揚げる料理は日本で独自に発展した西洋風料理です。

カツ フライ 違い
(画像引用元:http://www.nissui.co.jp

カツから派生したという説もあるようです。

 

魚介や野菜にパン粉をつけて揚げたお料理。

エビフライ・牡蠣フライ・アジフライ・オニオンフライなどがフライと言われます。

 

フライの語源は英語のfryで、外国では油を使った「炒める」「焼く」もfryです。

 

フライドチキンやフライドポテトのようにパン粉をつけないで揚げるお料理にもフライが使われます。

 

またフライドエッグ(目玉焼き)のように焼くお料理にもフライがつきます。

スポンサーリンク

調理法は同じ

カツもフライも、食材に小麦粉・卵・パン粉とつけていき、油で揚げるという調理方法は同じです。

カツ フライ 違い
(画像引用元:https://s.eximg.jp

明確にお肉はカツ、魚介はフライではなくてはいけないという決まりもありません。

 

お店によってはお魚のフライを「フィッシュカツ」として販売している事もあるようです。

 

また、「串カツ」の場合は魚介や野菜であっても「串カツ」です。

カツとフライの違いは具材?同じ調理法で店や販売先で違うだけ?

同じ調理法でも、販売するお店や考案した人によって名前が違うのは面白いですね。

 

でも、それによって名前が違うというのは外国の方からしたら「日本語が難しい」と言われる所以かもしれません。

 

どちらにしても美味しいお料理には変わりはないカツとフライ。

私も上手に言葉を使い分けつつ、美味しく頂きたいと思います。

 

せばな~