夏になるとサッパリしたジュースが飲みたくなりませんか?

糖分も多いし、カロリーも気になるし、本当は体に良くないと思いながらも飲んでしまいます。

 

でも、アメリカのトップモデルたちは「ケフィアレモネード」でヘルシーにサッパリジュースを楽しんでいるそうです。

 

そんな、「ケフィアレモネード」はどんな飲み物で、効果や作り方は?

 

ということで今回は、ケフィアレモネードとはどんな飲み物で、その効果や自分で作れるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

ケフィアレモネードとは?効果・作り方は?

ケフィアとは?

ケフィアはロシアのカフカース地方で生まれた複数の乳酸菌と酵母を発酵させた乳飲料です。

ケフィアレモネード
(画像引用元:https://ryoko-club.com

 

酵母の種類が10~100種類も含まれていて、整腸効果はヨーグルトよりも圧倒的に高いそうです。

ビタミンも豊富に含まれているので肌荒れや乾燥対策にもピッタリです。

 

ケフィアは密閉容器に入れると炭酸ガスが発生して爆発する危険が高いので日本では飲料としての販売が不可能です。

 

そのため日本では乾燥させて粉末にしたものやサプリメントなどが販売されていますが、もちろん乳飲料の状態の方が生きた酵母を摂取することができます。

そのため、ケフィアを自宅で作る方も多いようです。

 

1990年代に流行した「ヨーグルトきのこ」もケフィアの名を変えたもの。

当時はご近所さんやお友達などからヨーグルトきのこの株をもらって自宅で手作りするのがブームになりました。

ケフィアレモネードとは?効果は?

ケフィアにレモンを合わせたものがケフィアレモネードです。

ケフィアレモネード
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

 

レモンにはクエン酸・ビタミン・カリウムが豊富に含まれていて新陳代謝の促進、空腹感の抑制、美肌効果などの効果があります。

ケフィアとレモンが組み合わさることで、相乗効果を得ることができます。

 

特に夏場は冷たいものを食べ過ぎたり冷房で体が冷えたり、胃腸の働きも弱ります。

 

ケフィアの整腸効果とレモンの新陳代謝促進効果で老廃物を排除することで体調も整い、ダイエット効果も期待できます。

 

また、夏の日差しでダメージを受けたお肌の修復効果もアップします。

スポンサーリンク

ケフィアレモネードの作り方は?

ケフィアレモネードは、水、砂糖、ケフィア、レモンジュースをお好みの分量で混ぜ合わせるだけ。

ジューサーなどの特殊な道具を使わないので思い立ったらサッと作って飲むことができます。

 

肝心なケフィアも最近では大きなスーパーなどでケフィア菌が販売されていることがありますので、自宅で培養することも可能です。

 

ただ、管理が悪いと雑菌が繁殖し、正常な発酵なのか良くない発酵(腐敗)なのかの判断がつきにくいのは発酵食品のデメリットでもあります。

自作する場合は入念な準備と厳格な管理を怠らないように気をつけましょう。

 

私のようにズボラなタイプの方は粉末状で販売されているケフィアを使用すると良いかもしれません。

ケフィアレモネードの作り方は簡単!相乗効果で健康維持!

サッパリしたジュースを飲みたい気分の時、清涼飲料水を飲むのは良くなくても、整腸効果や美肌効果のあるケフィアレモネードなら罪悪感なく飲むことができますね。

 

もちろん、どんなに健康にいい食品でも過剰摂取は禁物です。

 

みなさんも、ケフィアレモネードも適度に健康を維持するために適した量で取り入れていきましょう!

 

せばな~